楽しさひろがるリングショット

 マリオテニス64ならではのリングショット!! なになに? マリオゴルフ64にもあったって???? ところがところが。マリオテニス64ならではの仕掛けがたっぷり。

 遊び方は簡単。
リングにボールをくぐらせて、ポイント(リング数)を競うんだ。
リングの出現ポイントは千差万別。リングを狙うためには、様々な球種を打ち分けたり、相手をうまく誘導したりと、戦略性技術力が求められるゾ。



シングルスマッチひとりプレイ時の「リングショット」では課題が与えられます。与えられた条件の中でコンピューターキャラクターと協力してクリアしていくゲームです。制限時間内に決められた数以上のリングをゲットしていく「TIME(タイム)」モードや、規定ボール数で決められた数以上のリングをゲットしていく「BALL(ボール)」モード、さらにテニスの指定ゲーム内に決められた数以上のリングをゲットしていく「GAME(ゲーム)」モードなどあり、課題となる条件は様々。
それぞれのモードでも各課題をクリアするとさらに難易度が上がった課題に挑戦することができるようになる大ボリューム。これらの課題をクリアするためにはプレイヤーの戦術とそれを実行する技術力、そしてプレッシャーにうち勝つ精神力も重要だ。


ダブルスマッチ 多人数プレイなら「リングショット」はお互いに取り合ったリングの数を競う熱い対戦モードになるぞ。基本ルールは簡単。プレイヤーが選んだ目標リング数に少しでも早く到達たプレイヤーが勝ちです。
一人プレイと大きく違うのはリングにボールを通すだけではポイントにならないこと。ボールが通ったリングの数はその勝負がつくまでどんどん貯まり続けます。その貯まったリングをゲットできるのはそのゲームの勝者のみ。ラリーを続けリングにボールを通しリングをどれだけ貯めて、いつ勝負をつけるかはプレイヤー次第!リングを貯めるだけ貯めてまとめてドカンとリングをゲットする爽快感は最高ですが、誰かに先に勝負を決められリングを取られてしまっては元も子もありません。「リングショット」はリングが貯まれば貯まるほどドキドキハラハラのラリーとなるのです。
 チームの組み方も様々に選択可能。ダブルスのペアどおしでポイントを競うチーム戦、ダブルスなのに4人それぞれ自分のポイントで1位から4位まで順位がつく個人戦で白熱しよう!!



*画面は開発中のものです。
© 2000 NINTENDO / CAMELOT