2007年12月28日

納会

 nokai2007.jpg

 2007年も残すところあと数日となりました。年々、時間の流れが速くなるように感じる今日この頃ではありますが(あー、そこ、歳の話はしなくてよろしい。)、今年は特にあっという間の一年でした。

 関係各位におかれましては、今年一年ひとかたならぬご指導、ご協力を賜りまして、誠にありがとうございました。来るべき2008年も、よろしくお願い申し上げます。

 ということで、堅い話はこのへんで。年末年始は、例によって福島方面へ行って参ります。何でも今季一番の大寒波がやってきているそうで、所によっては大雪の恐れも……とか結構大変な予報も出ているようですが、はてさてどうなることやら。無事到着したら、現地からレポート入れる予定。

 それではみなさま、よいお年を!

written by WebmasterX : 2007.12.28 16:25 | コメント (0)

2007年12月26日

キャメロット忘年会にリモコンくん現るッ!

 real_remocon_kun.jpg

 イベント等への出演依頼はこちらまで。

written by WebmasterX : 2007.12.26 15:37 | コメント (0)

2007年02月09日

ナイアガラ、オーランド旅行記2007 その4

 オーランド最終日、エプコットを中心に。

 エプコットは、前回改修工事中だったLAND館に、SOARIN'(ソアリン、soaringの略で高く登るの意)という新アトラクションが出来てました。

 soarin.jpg
 SOARIN'(の看板)

 ハンググライダーにのって、カリフォルニアの大空を駆け巡るっていう浮遊感たっぷりのアトラクション。これ絶対オススメ。絶叫マシン苦手な人でもこれはきっと気に入ります。

 その他新しいところでは、今ひとつ不人気(失礼)だった、リビング・シー館が、ファインディング・ニモのキャラクターを絡めてリニューアルしてました。ライドものもソフト替えにしては相当いい出来。入り口のチョーダイカモメもイイ味出してました。

 
 「チョーダイ、チョーーーダイ」(ただし英語)


 ひとしきり遊んだ後は、ダウンタウンディズニーのフルトンズクラブハウスでのディナー。旅行参加者が一同に会しての夕食会となります。

 downtown.jpg
 ダウンタウンディズニーの夜景。夕暮れをちょっと過ぎたぐらい。

 fultons.jpg
 船を模したシーフードレストラン。ショータイムには沖に出るぞという怪情報あり。(ウソですよ。)

 kani.jpg
 メインディッシュのロブスター。非常にオイスィー。


 さて、夕食の後はこれまた恒例となったシルク・ドゥ・ソレイユの「ラ・ヌーバ」へ。

 lanouva.jpg
 シルク・ドゥ・ソレイユ「ラ・ヌーバ」の専用劇場

 前回の教訓(?)を生かし、夕食前に仮眠(まあ不可抗力で寝ちゃったんですが)をとり、飲食も控えめで鑑賞。前から三列目という絶好のポジションもあいまって、非常にじっくり見ることができました。いやあ、まさにスタンディングオベーションものでしたねえ。(実際しましたし。)余談ですが、現在、東京ディズニーリゾートにシルク・ドゥ・ソレイユ常設劇場が建設中とのこと。こちらも楽しみです。


 ということで、駆け足でおおくりしました、ナイアガラ、オーランド旅行記、いかがだったでしょうか? 移動距離的にも期間的にも、キャメロット史上最大級の旅行となり、帰ってくる頃にはへろへろ(翌日朝5時起きで、ほぼ丸一日かけて東京に戻ってきました。)になってたはずですが、スタッフ一同、翌日から元気に平常業務に戻っております。
 と、そこまでは良かったんですが、2日後あたりから寝坊やら本格的な体調不良やらが出始めて……。この三連休で体調戻ることを期待しつつ、旅行記おしまいっ!

written by WebmasterX : 2007.2. 9 22:00 | コメント (0)

2007年02月08日

ナイアガラ、オーランド旅行記2007 その3

 オーランド二日目、アニマルキングダムを中心に回ります。

 アニマル・キングダム(略してアニキン by UNO)は、その名の通り動物のテーマパーク。2年前は建築中だった「エクスペディション・エベレスト」が稼働していました。

 everest.jpg
 山全景。左の方に頂上に登るレールが見えてます。ちなみに2年前はこんな感じ

 「エクスペディション・エベレスト」は、日本語でエベレスト遠征とか探検っていう意味で、このアトラクションのために、フロリダ州で一番高い山を人工的に作ってしまったそうです。(とは言っても、元々フロリダに山らしい山はありませんが。)かなり演出に凝ったローラーコースターなので、ネタバレ回避のため内容についての言及は避けますが、実際初めて乗った人がどうなったかというと……

 tag.jpg
 こうなりました。いや、みんな笑い過ぎだから。


 yam.jpg
 こっちの人も十分おもしろいと思うんだけども。

 ここで、我らが宇野正明支障いや師匠からお知らせ。デジカメ新調して奇跡の一枚が撮れたからよく見るように、とのことです。マジックキングダム、「ウィッシュ」(夜の花火)より。

 unocastle.jpg
 いやあ、すごいですねえ。いやカメラが。


written by WebmasterX : 2007.2. 8 13:03 | コメント (0)

2007年02月07日

ナイアガラ、オーランド旅行記2007 その2

 ナイアガラからオーランドまで、緯度的には実に北海道と沖縄ぐらいの差があるところを一気に移動します。ナイアガラで昼食を取った後、陸路国境を越えてアメリカ入り、バッファロー空港からデトロイトを経由してオーランドへ、そこからバスに乗り換えてホテルに行くわけですが……。

 到着したのはなんと深夜0時過ぎ。なんつー強行スケジュール! まあ、飛行機遅れたせいもあるんですがね。

 今回宿泊したのは、オールスター・ムービー・リゾートというディズニー直営のホテル。どちらかというとファミリー向けかな?

 hotelobj.jpg
 客室の建物にディズニーキャラクターにちなんだ巨大なオブジェがついてます。これはファンタジア2000、魔法使いの弟子に出てきた水汲みほうき(?)

 hotelroom.jpg
 部屋の中はこんな感じ。タオルがあのネズミさんの形になってました。芸が細かい!

 さて、明けて翌日、キャメロット一行はユニバーサルスタジオとアイランドオブアドベンチャーに向かいます。前回行ったのが2年前で、以降、新しいアトラクションは増えてないらしく、初めてのスタッフ以外はリピートということになりますが、天気もいいこともあってもうおおはしゃぎ。

 mib.jpg
 かなーりソノ気になってます。

 なお、ユニバーサルスタジオについては、2年前の記事もご参考にどうぞ。
 リベンジ・オブ・ザ・マミー・ザ・ライドとジュラシックパーク・リバーアドベンチャーもおすすめ。(写真撮り忘れ失礼。)


 連日くたくたになりつつも、明日からディズニーワールドのテーマパークを攻めまする。

 おまけ
 omake.jpg

written by WebmasterX : 2007.2. 7 23:00 | コメント (0)

2007年02月06日

ナイアガラ、オーランド旅行記2007 その1後編

 長いので分割。続きをどうぞ。

 その後スカイロンタワーの展望レストランで昼食となりましたが、そこからの眺めがまたすんごい。
 canadafall.jpg
 
 いやー、遠くまで来た甲斐がありましたわ。

 salmon.jpg
 昼食はカナダ特産のサーモン。

 icewine.jpg
 icecream.jpg
 アイスワインもデザートもおいしゅうございました。


 オーランド編に続く……。

written by WebmasterX : 2007.2. 6 22:01 | コメント (0)

ナイアガラ、オーランド旅行記2007 その1前編

 今年も行ってきました社員旅行。今回はナイアガラ&オーランドということで、キャメロット初のカナダ上陸を果たしました。

 それではナイアガラ編からどうぞ。

 新宿集合、成田からアメリカ、デトロイト空港を経由してバッファローへ、バッファローから陸路でナイアガラフォールズへ向かいます。こう書くとすぐですが、到着まで実に24時間かかってます。まじで。

 現地時間の21時ごろ、ナイアガラフォールズに着くとそこは極寒の世界でした。普通に気温が氷点下。もう寒いの痛いの……。

 brockplaza.jpg
 宿泊したホテルは、ブロックプラザホテル。巨大なカジノが隣接してました。その隣に、MGMスタジオプラザがありましたが、営業時間終了のため中は確認できず。

 翌朝、ナイアガラ滝観光へ出発。天候は雪。あいにくの雪かと思いきや、この時期吹雪になることも普通だそうで、「今日は滝がよく見えるからラッキー」とガイド氏。

 ナイアガラの滝については、wikiあたりを参照のこと。キャメロット一行はバスでカナダ滝へと向かいます。

 日本の華厳の滝よろしく、エレベーターで滝下まで降りられるんですが、降りてその水量に絶句。華厳の滝の6000倍の水量だそうです。

 

 地上に戻り、滝の真横にあるテーブルロックから滝を見てまた絶句。

 
 すんごいすんごい連発しながら、ナイアガラの歴史をひもときつつ下流へ移動、

 yuki.jpg
 なにしてんだか……。

 後編に続く。(ナイアガラ編画像ムービー多いので分割しました。)

written by WebmasterX : 2007.2. 6 22:00 | コメント (0)

帰国しました

 2月4日に無事帰国しまして、翌月曜から平常業務に戻っております。旅行帰り翌日から仕事というパターンでは、過去において遅刻欠席が多発していましたが、今回はなんとゼロ! おお、すばらしい! と思ったのもつかの間、本日は始業時に4人ほどいませんでした。まあ13時間も飛行機乗ってれば体もおかしくなりますよねえ。時差ボケで早起きになってたのが、普通に戻っただけだとも考えられますが、まあ深く追求はしないでおきましょう。

 さて、昨今のスタッフのデジカメ普及率が凄まじいものがあり、それぞれが旅行に中撮りためた写真を合わせると、それはもうものすごい量で見るだけでも大変なことになっているわけですが、折りを見てこちらでも紹介していきたいと思います。気長にお待ち下さいませ。

 とりあえず、無事帰還のご報告でした。

written by WebmasterX : 2007.2. 6 12:49 | コメント (0)

2007年02月02日

エベレスト登頂

 社員旅行速報その2

 オーランドに移動してマジックキングダム散策中。前回はまだ建設中だった「エベレスト探検」に行ってきました。

 everest.jpg

 左に山頂を目指し登っていくローラーコースタが見えますね。登ってどうなったかは、後日また。ちなみに左下に見えてるのは社長の頭です。

written by WebmasterX : 2007.2. 2 20:14 | コメント (0)

2007年01月31日

社員旅行中につき

 ただいまアメリカ&カナダに来ています。写真は今日見てきたばかりのナイアガラフォール(滝)。

 niagarafall.jpg

 雪まじりのあいにくの天気かと思いきや、この季節吹雪くのも珍しくないそうで、今日は滝が見えるから大当たりなんだそうです。さらにラッキーなことに、展望台上がった時には日も射してました。しかーし、気温氷点下10℃はだてじゃない! 顔面凍ります。

 ということで、詳細は改めて。明日からはオーランドを巡ります。

written by WebmasterX : 2007.1.31 15:56 | コメント (0)

2007年01月05日

仕事始め

 改めまして、新年あけましておめでとうございます。

 キャメロットは、本日1月5日が仕事始め。社長の年始の挨拶のあとは、通常業務へと突入。お正月気分が一気に吹っ飛びます。(とはいえ、明日から三連休だったりしますが。)
 shinnen.jpg

 というわけで、本年もよろしくお願い申し上げます。
                    キャメロット社員一同


 さて、トップページが元旦にうまく切り替わらなかった件でちょっと調べてみましたが、サーバーの時計が2時間遅れていた以外は特におかしなところはなかったものの、時々年末バージョンに戻ってたなんて話もちらほら。リロードがらみで更新がうまくかからなかったのかもしれませんが、いまひとつ原因がはっきりしません。こちらは今後の課題ということで。

written by WebmasterX : 2007.1. 5 13:18 | コメント (0)

2006年12月28日

納会

 もういくつ寝ると〜、というわけで、年の瀬ムードいっぱいの中、キャメロットは今日で2006年の仕事納め。出社早々大掃除となりました。人が増えたせいか、掃除のペースも早い早い。

 そして、今年の締め、納会へ。

 nokai1.jpg
 並べられたピザ&スシ。スタッフの緊張が高まります。

 nokai2.jpg
 社長のお言葉。来年面白いことたくさんあるよ。

 nokai3.jpg
 後はまあ、いつもの流れということで。

 それではみなさま良いお年を。

written by WebmasterX : 2006.12.28 14:36 | コメント (0)

2006年12月27日

2006キャメロット忘年会

 さて、今年もやって参りました、キャメロットボウリング大会&忘年会、いつものように新宿に繰り出します。

 bonenkai1.jpg
 恒例のボウリング大会は、新人「コウジ」氏の始球式でスタート。スーツ姿で投げようとしたナイスガイ。そして第一投は!

 見事なガーターでした。

 波乱の幕開けとなったボウリング大会ですが、ふたを開けてみれば、しょっぱなガーターのコウジ-ヨネダ-ウノチームの優勝という結果に。プレイ中ずっと「行けるかも知れない!」「暗雲たちこめてきた。」を繰り返し、もううるさいのなんのったらなかったんですが、気合い勝ちといったところでしょうか。え? 実力ですって? はいはいはい。

 その後は、忘年会会場の赤坂・桃貴樓(とうきろう)へ。

 bonenkai2.jpg
 赤坂見附近く、赤坂プルデンシャルタワーのイルミネーション。小走りで移動しつつ撮ったんで絵がブレブレ……。

 忘年会は20分押しでスタート。社長挨拶、乾杯、ボウリング表彰、出し物2組、ビンゴ大会とものすごい勢いで会は進みます。時間押してるので食事もばんばん運ばれてきます。

 今年の出し物から。

 bonenkai3.jpg
 (マスク入れてます。ご了承ください。)

 bonenkai4.jpg
 ごめん、ノーコメント。

 去年と段取り同じはずなのに、今年はなんでこんなに(時間に)余裕ないんだろう? と幹事が不思議がっていましたが、それ、スタッフの人数増えてるからじゃないんですかねえ? 来年も人増えてったらもっとバタバタするんでしょうかね。

 ところで、S1号氏が命がけで買ってきたビンゴ景品のWiiですが、運がいいのか悪いのか、諸事情で家にゲーム置けない人に当たってしまい、現在キャメロット会議室に資料用として設置されています。うーむ。

 そんなこんなで、2006年、いよいよ押し迫って参りました。明日は年末大掃除&納会の予定です。

written by WebmasterX : 2006.12.27 15:23 | コメント (0)

2005年12月28日

大掃除〜納会

 キャメロットは本日で仕事納め。といっても出社早々大掃除開始なわけでして。

 souji2005.jpg

 といった感じで例年になく念のいった大掃除の後、納会となりました。

 nokai2005.jpg
 「来年は業界にインパクト!」

 というわけで、来年もキャメロットをよろしくお願い申し上げます。

 追伸

 presenthasso.jpg
 プレゼント今日(もしかしたら明日)発送します。ぎりぎり年内届くことを祈ります。

 kittehari.jpg
 年賀状みんなで切手貼り中の図

written by WebmasterX : 2005.12.28 16:36

2005年12月05日

空調停止の影響 その1

 さて、今日から空調工事のため3F全室空調が停止しているわけですが、意外と快適だったりします。(一部人とマシンの密度が低い地域は寒いみたいですが。)
 空調のファンの音がないため、会社全体がとっても静か。これはうれしい誤算だったり。部屋全体が暖まってくる午後以降がどうなるか、続報が入り次第またお知らせします。

written by WebmasterX : 2005.12. 5 13:03

2005年05月27日

蜂の塊、現る

 キャメロットは、靖国通りという幹線道路に面したビルに入っているわけですが、先日、その靖国通りの街路樹に見慣れない物体を発見しました。

 hachi.jpg

 虫嫌いな人ごめんなさい。 実はこれ、ミツバチの塊で「分封」とか「分蜂」と呼ぶそうです。巣分かれしたミツバチの女王とお付きの働きバチが新しい巣候補地が見つかるまでの仮住まいといったところでしょうか。(巣を作っている訳ではないので、住まいってのは正しくないかもしれませんが。)
 せっかくなのでミツバチの生態についてネットで調べてみたんですが、ミツバチの巣分かれっていうのは、新女王が古い巣に残り、それまでの女王が出て行くらしいんですね。逆だと思ってました。

 後継者に財産(食料)と人材(オスバチ&働きバチ)を残して、自分は新天地をめざして新たなる旅に出るなんざ格好良過ぎ。ま、旅立ちに際して、財産も人材も半分ぐらい持ってっちゃうそうですが。で、残された後継者候補達が真の後継者となるべく、文字通り命をかけた戦いをし、その勝者が限られた財産と人材を元手に苦難の道を歩んでいくと。うーむ、なんか世知辛いぞ。

 ちなみに、翌日にはこの蜂の塊、落ち着き先を見つけたのか、きれいさっぱりいなくなっていました。いるときは、襲って来たらどうしようとかざわざわしてましたが、いざいなくなってみると結構寂しいものです。

 キャメロット、初夏の日常の一コマより。

written by WebmasterX : 2005.5.27 23:29

2005年02月17日

オーランド旅行記 その2

続いてディズニーワールド編。これまた長いので折り返し。

■エプコット■

 EPCOT : Experimental Prototype Community of Tomorrow(実験未来都市)なんだそうです。

 epcot.jpg

 写真はシンボル的存在のSpaceship Earth。

 ここでは前回なかったアトラクションということで、ホントにオープンしたばっかりのミッションスペースとテストトラックをピックアップ。

 ミッションスペースは、火星探査船の乗組員になって打ち上げ→周回軌道→火星着陸までのミッションをこなすという設定。打ち上げにかかるG(加速度)を遠心力で再現、要するにものすごい勢いでぐるぐる回されるわけです。絶叫系の乗り物乗り馴れてる人でもこれはひと味違うかも。うぐう。(実際これ乗って具合悪くなった人が3名ほど出ました。)

 missionspace.jpg

 テストトラックは実際の乗用車の安全性テストを体験するもの。実際のテストコースを模した屋外周回コースを時速100km/h近くで疾走する様は、車好きにはたまりません。

 testtrack.jpg

 testtrackcourse.jpg

 前回の旅行記でもちょっと触れましたがユニバースオブエナジーは必見。ガイドさんも一押しでした。結構見ない人多いみたいですねえ。もったいない。

 エプコットは、上のような未来をイメージしたフューチャーワールドと世界各国の今を集めたワールドショーケースから構成されています。ワールドショーケースには日本館もあり、日本食が食べられるんですが、三越がからんでいる関係か、米然り、味付けしかり、日本にいる錯覚に陥る程の出来。まあ、メニューがカレーライス、そば、うどん、牛皿ってあたりがナニっちゃーナニですが(笑)。でもね、この牛皿、吉野家の牛皿の味がするんですよ。アメリカでこの味が楽しめるとは思わなんだ!

 えー、激しく脱線しましたが、ワールドショーケースでは夜9時から花火大会が始まります。もうね、スターマインなんかめじゃないです。日本で言うところの尺玉をそれこそ雨あられのように打ち上げる様はもう圧巻。打ち上げ場所が湖の真ん中で火の心配しなくていいせいなのか、大玉が地上すれすれで広がります。日本でそんなことしたら事故ですよ(笑)。ただの花火大会ではなくて、レーザー光線を花火の煙に当てて絵を映し出したり、音楽に合わせて打ち上がったりで、きっちりショーアップされてました。エプコット行ったらちょっと長居して花火まで見てから帰ることをお薦めします。


■マジックキングダム■

 ほぼ、東京ディズニーランド。(といよりTDLがマジックキングダムを正確にトレースしたものと言えますが。)

 magikin.jpg

 エイリアンが消えて、よりコミカルなものに変わっていました。でもはネタ一緒。

 新アトラクションとしてミッキーのフィルハーマジック(Mickey's PhilharMagic)ができてました。いわゆる4Dもの(3D映像+水しぶき、匂い、他)です。ノーマークだったせいもありますが、ものすごく楽しめました。ディズニーキャラクターオールスターってな感じで。あとから気がついたんですが、ミッキーもドナルドもフルCGなんですよね。全く違和感感じさせないあたり、技術すごいことになってるんだなあとしみじみ思った次第。


■アニマルキングダム■

 名前の通り、動物のテーマパーク。写真はシンボルのでっかい木。

 anikin2.jpg

 エベレスト探検隊(EXPEDITION EVEREST)というローラーコースターを建設中でした。

 everest.jpg

 everestkansei.jpg

 完成予想図。しかしでかいな、おい!


■ディズニーMGMスタジオ■

 トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーが超有名。あんまり時間なかったのと前回乗ったので今回はパス。エアロスミスをフィーチャーした「ロックンローラーコースター」も……パス。まあ絶叫系はパスしてたわけですが。写真はシンボルの魔法の帽子(夜景)。

 mgm.jpg

 んで、MGMスタジオバックロットツアーに行ってきました。トラムに乗って映画スタジオの舞台裏を回るツアー。大地震大洪水の特殊効果実演があるんですが(写真)アホですな。(褒めてます。)

 blt1.jpg

 blt2.jpg

 blt3.jpg

 そしてここの一押し、FANTASMIC!。巨大な岩山を模したステージと噴水のスクリーンに映し出される映像が織りなす光と音と水と炎の幻想世界とでも言いましょうか、あんまり細かく書くとネタバレしちゃうんで省きますが、これは素直に驚きました。オススメ。めっちゃ寒かったけどね。

 fantasmic.jpg

 開演5分前。期待はいやが上にも高まる!


■ダウンタウンディズニー■

 今回はお土産あさりに立ち寄ったぐらい。シルクドソレイユラヌーバがあるのもここ。

 旅行日程最終日、日本風鉄板焼きのレストランで食事→ラヌーバ鑑賞というスケジュールでしたが、連日歩きづめでクタクタ、ファンタズミックのショーがものすごく寒かった(ショーの内容ではなく気温が)ため体調崩れ気味、飯たらふく食って……あとは、わかりますね。アクロバットの振り子運動がいい感じの催眠効果を発揮してくれました。ちょーっと詰め込み過ぎだったかなあ。


そして帰路に………

 出発したのはいいんですが、乗り換えのデトロイトで飛行機が修理のためフライトの目処が発たないというアクシデント発生。今日はデトロイト泊かなあという空気が流れ、一時あきらめムードに。実際には3時間程の遅れで済んだんですけどね。いつ終わるとも知れない待ち時間の間、入ったスシバーレストランで出て来た天ぷらソバの味は忘れられません。スーパーで売ってるパックのゆでそばを煮過ぎてのびのびになった感じ……。しかもつゆぬるめ。なんかね。

 帰国翌日、キャメロットは平常業務でしたが、スタッフの約1/3が体調不良でお休みだったことは秘密にしておきます。先生、時差ボケは体調不良ですか?

written by WebmasterX : 2005.2.17 19:42

オーランド旅行記 その1

 行ってきました。アメリカ・フロリダ州はオーランド。発音的には「おらんどー」の方が近いそうですが、それはそれとして。
 オーランドはキャメロットの社員旅行としては2回目。前回は1998年ですから6年前ですね。ラスベガス同様に日々拡大刷新を繰り返している都市ですから、6年も経てばいろいろ変わってるわけでして、この旅行記でもそのあたりを中心に紹介していきたいと思います。前回の記事と比べつつ見るのも一興かと。

 → 参考:1998年度社員旅行

 まずはユニバーサルスタジオ&NASA編。長くなるので一旦折り返し。

 宿泊したのはディズニーコロナドスプリングスリゾートというホテル。ホテルと言うとビル風の巨大な建物を連想しがちですがここはコテージ風というか、ゲストルームのある二階建ての建物が湖畔に点在する形になっています。

 hotelview.jpg

 hotelmap.jpg

 基本的に全日自由行動ですが、現地ガイドさんが新しくできたアトラクションを中心にミニツアーを組んでくれるということで、せっかくなので便乗することに。


■ユニバーサルスタジオ■

 朝6時起き&朝食モリモリ食いつつ(普段の生活では考えられない)最初に行ったのはユニバーサルスタジオ。いやあ、シュレック4-Dは秀逸でした。基本的に写真撮影NGなので、建物外観でご勘弁を。

 shrek4d.jpg

 この他では、アトラクション的には古くなってしましましたが、バックトゥザフューチャーザライド、ツイスターあたりは押さえておきたいところ。


■アイランズオブアドベンチャー■

 ユニバーサルスタジオのとなりにてきたユニバーサル系列のテーマパーク。こちら絶叫系を含むライドものが中心。アメイジングアドベンチャーオブスパイダーマンに乗って、ああ、まだこんな見せ方があったんだなあと妙に感心してみたり。

 spiderman.jpg

 ここにはずぶ濡れ系のライドが二つあるので、乗るときはポンチョ等のご用意をお忘れなく。何も知らずに乗って(というか乗せられて)ひどい目に合いました。水しぶきがかかるというよりも、水の塊が飛んで来るという……。なお、ウォーターブレイザーなる25セントで乗客に水をかけられる装置が設置されています。水かけられた人が憂さ晴らしに猛烈な勢いでコイン突っ込んでました。

 
■NASAケネディスペースセンター■

 言わずと知れたスペースシャトルの発射基地です。前回もやりましたが、今回も……。

 ksc01.jpg

 君もキャメロットに入ろう!(自衛官募集のノリで)

 全然関係ないけど、NASAがらみで変なもの教えてもらったので貼っときますね。

 → NASA音頭


written by WebmasterX : 2005.2.17 18:25