« 2010年04月 | メインページに戻る | 2011年03月 »

2011.2.14

iMovieで24P動画をDVDに焼く

知人の結婚式で撮った動画をDVDビデオにする。

使用したカメラ
Panasonic GH1
改造ファームによる1920x1080 24Pネイティブ撮影

使用したソフト
iMovie'11

iMovieはiLife'11のアップデートで24PのAVCHDに対応した模様。
それ以前は認識はするもののiMovie上で再生ができなかった(うろ覚え)。

iMovieは24fpsのシネマモードで編集、共有からiDVDに流してDVDを作成、
と、ここまではよかったが、できたDVDの画像が妙に粗い。
縦方向の解像度が半分になったような粗さ。
24PからNTSC(59.94i)への変換がうまくいっていないことは想像できたが、
どうやって設定するのかわからず悩む。

試行錯誤を繰り返した結果、
共有→QuickTimeを使用して書き出す→
書き出し:ムービーからQuickTImeムービー
オプション→ビデオ
設定:
Apple Intermeiate Codec
フレームレート 59.94
圧縮プログラム HDV1080i
サイズ:
1440x1080(圧縮プログラムネイティブ)
で書きだしたムービーを、iDVDに直接流しこむことで
縦解像度半減問題を回避することができた。
チャプター情報の欠落もなく、iDVDでも自動でチャプターメニューが作られた。

ただし、書き出したムービーファイルが約70分で100GB弱と巨大なため、
AVCHDの取り込み分を含め、十分な作業用ディスクスペースを必要とする点は
考慮しておくべき。

せっかくのフルHD動画なので、ブルーレイディスクに焼きたいところ。
が、現状iDVDはブルーレイに対応しない。
Toast等を使えばオーサリングは可能だが、今度はMac上での再生環境がないという問題が。
そもそも外付けのブルーレイドライブ持っていないという決定的な要因により、
ブルーレイビデオは未作成。
ちょっともやもやが残った。

ちなみにiMovieからH264のフルHD動画を出力したところ、約70分で10GB前後の
ファイルができあがった。
仮に再生環境が整っていたとしても、配布に困るファイルサイズではある。

written by WebmasterX : 2011.2.14 15:11 | コメント (0)

2011.2. 2

年賀2011

nenga2011.png
保存用。

written by WebmasterX : 2011.2. 2 21:16 | コメント (0)