≪ 夏休み | メインページに戻る | 年の瀬 ≫

2009.11. 2

直付HDDに設定したTimeMachineの容量を制限する?

稀に帰ってくるMac改造天国と地獄Rシリーズ

 今回は自宅環境のお話。
・iMac(初代Indel CoreDuoモデル) メイン、HDD1GBに換装済
・Mac mini(PPC G4モデル) サーバー
・PowerMac G5 ストレージ兼予備機
・iBook G4 家族用
 今ざっとこんな感じなのだが、古いアナログビデオのDVD化作業のせいで、常にメインマシンのHDDが不足気味な状態。また、せっかくTimeMachineという優れたバックアップシステムがOS標準であるにも関わらず、一体型に外付けHDDは蛇足だというひねくれたポリシーのためにこれも稼働していなかった。さすがに壊れてからじゃ遅いのと、先日新型iMacが発売されたことを受け、自宅環境の再構築を検討、新型iMac、Mac miniはもちろん、市販の各種NASに至るまで仕様を調べまくり、考えに考えた末、価格のこなれて来た2TBベアドライブとUSBケースを買ってMac miniにつける案に落ち着いた。(ほらほら、そこ、つまんないとか言わない。)

 Mac mini G4は100BASE-TXまでしか搭載していないため、通信速度が不安要素としてあるが、主な用途がバックアップストレージであることから、大きな問題にはならないと判断した。(とはいえ、ちょっとしたムービーファイル程度ならネットワーク越しでも普通に再生できる。HDビデオとかになるとさすがにきついだろうが。)
 PowerMac G5から大型ストレージをMac miniに移すことで、静音化と省電力化、さらに省スペース化が図れることも大きい。
 iMacのバックアップは、Mac miniの外付ドライブをネットワークボリュームとしてマウントし、TimeMachineのドラブに指定する。やりかたはここらへん。
 ただ、この場合ネットワークドライブのサーバーになる側もMac OS 10.5以上である必要があるらしい。当初Mac miniはMac OS 10.4.xで動作させていたのだが、その状態ではiMacでTimeMachineが作動すると間もなくエラーが発生しマウントが解除されてしまった。Mac miniを10.5に上げたところ正常に動作するようになった。

 前置きが長くなったがここからが本題。

 ネットワーク越しにバックアップする場合、バックアップ先のディスクイメージのサイズを変更することで、TimeMachineの容量を制限することができるが、直付の場合はディスクがいっぱいになるまで世代バックアップされてしまう。HDDをバックアップ以外の一般ストレージとしても運用したいので、この仕様はちょっと困る。
 何か手はないかとあれこれ試してみたところ、ネットワークドライブと同様に、ディスクイメージファイル(コンピューター名_MACアドレス.sparsebundle)をローカルドライブに置き、TimeMachineでローカルドライブを指定すると、いつものバックアップフォルダではなく、イメージファイルに対してバックアップを行うことがわかった。
 これならイメージファイルのサイズを制限することで、ディスクの使用量を抑えることができる。また、バックアップ先をローカルからネットワークドライブに変更する時も、そのままディスクイメージファイルを持って行けばいいのでお手軽である。

 というわけで、現在この設定でiMacとMac miniのTimeMachineバックアップをMac miniの外付HDDに対して実動テスト中。ただ、今のところバックアップファイルがイメージの上限に届いていないので、ちゃんと容量制限が効いているのか一抹の不安はあったりする。(タイトルに?がついてるのはそういう意味)
 Apple的にも、こういった運用方法が想定されたものかどうか定かではないので、これを見て試される場合は自己責任でお願いしたい。当方一切責任は負いかねるのでそのつもりで。

購入した機材
・HDS722020ALA330
・PL-35STU
詳細はググって下さいまし。
(独言:Amazon、PLANEX製品が妙に安いんだけどなんかルートでもあるんだろうか?)

written by WebmasterX : 2009.11. 2 19:06

コメント

コメントしてください




保存しますか?