« 2005年10月 | メインページに戻る | 2005年12月 »

2005.11.18

べガスプレゼント

 ということで、恒例のプレゼント企画やります。今回、例のモノが出ますよ!

 → プレゼントページへご案内

written by WebmasterX : 2005.11.18 19:31

べガス旅行記2005 Part II

 ti.jpg

 ラスベガスで一番新しいホテル、Wynn Las Vegas(ウインラスベガス)。Wynnはオーナーの名前だそうです。とにかく超巨大。超高級。とりあえず行ってみたものの、行けども行けども視界に入るホテルが大きくなるだけでなかなかたどり着かず、着いたら着いたでカジノのレートの高さに何もせずに帰ってきました。ちなみに、ホテルの半分は日本のパチスロマネーでできているそうです。

 ti.jpg

 以前宿泊したベネシアンホテルですが、TAO(道)というレストランが出来ていました。それはいいんですが、ベネチア風の建物に大仏っちゅーなんとも形容しがたいミスマッチ。中国系のお客さんをいかに取り込むかが課題っていう話は聞いたことがありますが、それにしてもこの絵はどうかと思います。はい。

 ti.jpg

 初めてラスベガスに連れてってもらった時に食べたのがエクスカリバーホテルのプライムリブで、以来ここのファンになって久しいわけですが、前回時間の都合かつかず断念したこともあり、今回意地でも食うぞということで、行ってきました、サー・ガラハッズ。写真は12オンスのもの。相変わらずのボリュームに涙しながら完食して参りました。絶対旅行で太ったなこれ。

 さて、最後は食後のデザートということで、ラスベガスの夜景とParisのエッフェル塔から見たベラージオの噴水ショーのムービーをお届けします。右クリック保存でダウンロードして下さい。m4vなので最新のiPodで見ることも出来ます。(でも最新QuickTimeは必要かも。)

→ ウインラスベガス
→ ベネシアン
→ エクスカリバー

written by WebmasterX : 2005.11.18 19:24

べガス旅行記2005

 さて、旅行気分も抜けきったところで(ほんとかな……?)、今回のラスベガス旅行を振り返ってみるとしましょう。ラスベガスが3年の間にどう変わったのかをメインにだらだら書き連ねますので、足りない分は前回前々回のページ等で補完して下さいませ。

ti.jpg

 今回宿泊したのは ti(Treasure Island) というホテル。2003年に表記がそれまでのTreasure Islandから ti に変わったそうです。(そのあたりの経緯はラスベガス大全が詳しい。)とはいえ、現地ではTreasure Islandの呼称の方が一般的でしたが。このリニューアルは、ファミリー層向けのテーマホテルから大人向け高級ホテルへの方向転換ということですが、これはこのホテルに限ったことではなく、ラスベガスという街全体の傾向でもあるようです。実際3Dライド系のアトラクションも軒並み閉鎖になっていました。

 ti.jpg

 その ti のすぐ隣にあるファッションショーという名のショッピングモール。前回は拡張工事まっただ中でしたが、今回行ってみたらフードコート併設の巨大ショッピングモールになっていました。中にApple Storeが入ってる関係か、iPod nanoの広告映像が常時流れていました。写真にも看板写ってますね。余談ですが、iPod nanoのnanoって、日本語の「なの」絶対意識してますよね。「あいぽっどなの、うふっ。」絶対これにやられた人が……。ええと、脱線し過ぎなのでこのくらいにしておきます。

 ti.jpg

 ti.jpg

 これはフーバーダムの写真。もうばかでかいの一言。ラスベガスの水と電気(水力発電施設あり)を一手に賄っているそうです。でも最近はラスベガスが電気使い過ぎで他の州に割り当てる電気を買い取ってラスべガスに回してるとかなんとか。

→ ti(トレジャーアイランド)
→ ファッションショー
→ フーバーダム(米国内務省水資源開発部)

(Part II につづく)

written by WebmasterX : 2005.11.18 14:31

2005.11.15

よこく

(予定地)

written by WebmasterX : 2005.11.15 17:55

2005.11.14

帰国!

vegasmembers.jpg

 というわけで、無事戻ってきました。今回は比較的(?)まともなおみやげを確保したので、後日プレゼント企画やります。お楽しみに。(写真はリオ・スイート最上階レストランでの記念撮影)

written by WebmasterX : 2005.11.14 17:55

2005.11. 9

ラスベガス雑感

 前回のラスベガスが2002年で、あれから3年たっている訳ですが、その3年の間にいろいろ変化があったようです。順不同で感じたこと並べてみます。

●スロットマシンからコインが消えた!
 カジノ名物スロットマシンといえば、ペイアウト時のコインがじゃんじゃか出て来るっていう醍醐味があったわけですが、今のカジノにはこれがありません。少なくとも大手のホテルにあるスロットマシンのほぼすべて、コイン投入口がありません。資金投入は紙幣かカード(*1)かチケット(*2)、ペイアウトでコインが出る代わりにチケットが印刷されて出てきます。いつ終わるともないコインの流れをバケツで受け止め、キャッシャーを探してうろうろするという風景は過去のものとなってしまいました。
*1カード:メンバーズカードのようなもの。これに金額チャージして現金代わりに使うらしい。クレジットカード直接入れる台もある。
*2チケット:ペイアウトチケット。金額が印刷された紙。キャッシャー持ってって現金化する。10ドルも1000ドルも同じ紙。味気ないっちゃー味気ない。ちなみに1000ドルは例えで、WebmasterXが出したわけではない。

●1セント台登場
 5セント台は前からありましたが、今回は5セント台だけでなく1セント台をかなり見かけます。上にある通り、実際のコインを使わなくなった関係で、掛け金細かく設定できるようになったためだとは思うんですが、実はコレ、 最小掛け金こそ1セント/5セントですが、1回にかけられる枚数の上限が90とか150とかえらいことになってます。スロットマシンは最大ベットでやるのがいいらしいんですが、例えば5セント90枚がけだと1回4ドル50ずつ回すことになるんで1ドル3枚がけより強烈なんですねこれ。恐ろしやー。

●ミニマムベットのきなみ上昇
 テーブルゲーム、特にブラックジャックでの話ですが、3年前5ドルが主流でしたが、今は5ドル台のほうがまれ。メインは10~15ドルに移っています。1回1200円の勝負ってなると、ちょっと身構えちゃいます。すみません、小市民で。

●ファミリー向け施設縮小傾向
 いわゆる3Dライドもの、のきなみ閉鎖されちゃってました。ミニテーマパークもなくなっちゃって、一時期の「ファミリーで楽しめるラスベガス」という雰囲気は全くなくなったと言ってもいいかもしれません。実際家族連れの姿ほとんど見てません。やっぱりギャンブルとファミリーは相容れないものなのでしょうかね。そんな中で地上280mのビッグショットで有名なストラトスフィアタワーだけは、乗り物ばんばん増設してました。東京民放におけるテレビ東京をふと思い出しました。

とまあ、いろいろ書いてるうちに旅行日程も最終日を迎えました。ラスト一日、楽しんできまーす。写真はまた後ほど。

written by WebmasterX : 2005.11. 9 08:53

2005.11. 8

ベガス!

ti.jpg

 と、いうわけで、ラスベガスに来ています。社員旅行ですね。今回は写真のti (Tresure Island) っていうホテルに宿泊しているんですが、事前に客室でインターネットが使えることがわかっていたので、ノートパソコン持ち込みまして、初の現地ライブ更新を行っています!(まあもともと更新頻度低いんでライブ更新に意味あるかどうかは謎ですがね。へへっ。)
 とは言うものの、飛行機含めて移動長いわ、時差あるわ、あっちゃこっちゃ歩き回るわ、食べ物おいしいわ、ショー楽しいわ、酒かっくらうわで、ホテルの部屋に帰ってきてデジカメ画像取り込んだあたりで初日はパワーダウンしました。もうぐったり(笑)。
今、ラスベガスは朝の7時半、朝食前のひとときを利用してせっせと更新しています。っていうか相方が起きないんだが。おーい、めしだぞめし!

written by WebmasterX : 2005.11. 8 00:30