拡大版
2000.11.4
高橋秀五の
「NINTENDO SPACE WORLD 2000」レポート
 
=== その2:8/27スペースワールド最終日(マリオテニス64決勝大会) ===

 8/27は12:25から13:25のタイムスケジュールとなっている「マリオテニス64カップ ダブルストーナメント」全国決勝大会のゲスト解説者として出ることになっていたので集合時間に指定されていた大会開催1時間前の11:30頃に会場入りしました。6月に行われたホビーフェアと同会場だったので関係者入り口は1階だろうとあたりをつけていたのですが、会場近くの係員に関係者入り口がどこか聞いても分からず上のフロアに上って正面から会場へ向かいました。しかし案内に従って歩いていくとやっぱり関係者入り口は1階でした。ハァー、朝から会場周辺を行ったり来たり……。

 でも何とか指定時間ギリギリには会場入りができましたが、皆さん心配だったのでしょう。5分前頃には任天堂の広報の方や宇野部長から携帯に電話がかかって来ました。というのも以前お台場で開かれたイベントで道に迷ってしまい、会場周辺には指定時間のかなり前に着いていたのになかなか会場入りできず、ついには集合時間に1時間近く遅れるという事件が今までに一回だけ起きているのです。宇野部長はこれがトラウマになって、それ以来イベントの時に集合時間近くになるととても不安な気持ちになってしまうらしいのです。でも、そんなことなんて数多いイベントの中でたったの一度だけなんですよ。それにその時は打ち合わせ時間などを少し長めに取ろうと、会場入りをイベントスタート時間の1時間半前にしていたので打ち合わせの時間が若干(かなり?)短くなっただけで、イベントは何の支障もなく無事に終了したんですよ、とは言っても僕らが会場につかなければ、宇野がイベントで喋ることになるので(?)、やっぱりビビるかなあ。でも宇野も実は昔、講演とかやったことがあるのですよ。宇野は最初音楽家としてゲーム業界に入って今に至っておりまして、ゲーム音楽の作曲などをやっていたんですよ。今ではとてもレアで手に入りませんが、自分の作曲したゲームミュージックのサウンドトラックCDも出していました。(この話をすると顔を真っ赤にして怒られてしまうので、みなさん内緒ですよ。)その流れで部長職のかたわら、今もキャメロットのゲームのサウンドディレクターをやっているのですね。その流れでゲーム音楽関係の講演をしたことがあるんですねえ。僕も聞いたことがないので、機会があったら是非一度やってもらいましょう。

知る人ぞ知るこれがそのCD。
宇野さんにバレないよう縮小して掲載。
CDのライナーノーツより
よく見ると「'90 12, Jan. 宇野正明」との表記が。

次のページ

 戻る