iwaajiさんお便りありがとう。
〜コンサートチケットについて考えてみました〜

(Lastupdate Jun.30,00)


キングクリムゾンがやってくる!
iwaajiさんからこんなお便りがきました。

 どうも、前に何度か顔を出したことのあるiwaajiというものです。ひさ しぶりに来ました。
お便りしたのはキングクリムゾンのライブのことを知ったからなのですが、10月の4、5日と7日に渋谷公会堂でやるらしいのですが、やっぱり行きますか 、秀五さん? 私は2、3年前にYESが来たときにくやしい思いをしたので、ぜひ行きたいんですが、なにぶんお金がつらくてまたいやな思いをしそうです。 (T-T)
 予約はチケットぴあで24日から、Sが7500円、Aが6500円で、Pコ ードは112−250だそうです。 そうそう10月3日の神奈川県民ホールと いうのもあるようですよ。

そうなんです、iwaajiさん。クリムゾンがやって来ます。
 iwaajiさん、いつも熱心にプログレの部屋にお越しいただきありがとうございます。 キングクリムゾン新譜発売記念の「プログレの部屋」でも書きましたが、クリムゾン20世紀最後の来日公演を行うんです。来日スケジュールは2000年10月3日が神奈川県民ホール、10月4・5・7日が渋谷公会堂で料金は6500円。
 でもiwaajiさんの言うとおり最近のコンサートチケットの値段は高いですよねえ。昔はアルバムの1.5倍程度の値段でコンサートに行けたのに・・・。1998年の10月に行われたYESのチケットなんか8人YESでもないくせに9000円もしてビックリ!!!チケット発売の日まで兄弟2人して行こうかどうしようか迷ってました。結果的には先行予約で「3列目」という最高の席をゲット。かぶりつきでYESの数々の名曲を堪能できました。とは言え、あまりにもこのチケットの値段は「なんだかなぁ」という感じですよね。

◆◇◆

思い起こせばこんなにチケットの値段を跳ね上げたきっかけとなった張本人は「ポール・マッカートニー」のコンサートだと思いますね。1978か1979年当時の外タレコンサートの相場が3500円くらいの時に、確か1000円以上高い値段でチケットが売り出されたんですよ。あれ以来外タレの相場は高騰の一途を辿り今やこの値段。そのうえ「ポール・マッカートニー」は羽田空港で捕まりコンサートもせずにイギリスへ逆戻り(泣)。当時友達と徹夜して手に入れた幻のプラチナチケットは思い出を取るかお金を取るか返金最終日まで迷いに迷いました。最終的には無駄になった紙切れよりお金を返してもらおうと返金最終日に青山UDOに意を決して返金してもらいに行きました。そのとき「返金済みと書いても良いからチケットください」と頼んだいたいけな高校生に、彼らは事務的に「それはできません」と言い放ったことは今でも忘れちゃいませんよ(笑)。その後ポール・マッカートニーの来日コンサートは何度か実現していますが、あれがトラウマになっていて自分が行くとコンサートが没りそうで怖くて行けない(笑)。
 僕も学生当時はお金も限られていたので相当厳選してコンサートに行きましたね。その時コンサートに行くか行かないかの判断は、当然その時にチケットを買うだけのお金があるかどうか、そしてそのバンドにどれだけ自分が思い入れているか、また彼ら色がどれだけのパフォーマンスを我々に見せてくれるかが重要な判断基準でした。きっと彼らならチケット代以上の感動を与えてくれるに違いないという信頼関係が持てるバンドのコンサートでなければ怖くて行けないですか。



 NEXT →


戻る