村田さんお便りありがとう! Part2

「Garden Shed」がお気に召したら
で件のガーデンシェッドですが、ボクは当時「盤越しであること」から購入をためらっていました。(実際中古の出物も少ないタイトルで、当時は廃盤セールの目玉的扱いをされてましたから、ちょっぴり負け惜しみも入ってます。)するとまた運の良いことに、イギリスでイングランドのメンバーがリマスター再発の準備を進めていると言うではありませんか!「盤越しじゃない、イングランドが聴ける!」というワケで、そのアルバムがプレスされるのを待つことにしたわけです。途中「再発やばし」という状況もありましたが、97年頃だったか目出度くイギリスでの原盤によるリマスター再発がかないました。(有り難いこっちゃ!)という訳で、ボクは原盤マスターによるリマスター版を所有し、こうして楽しませてもらっているワケです。エジソン版と比べて、全体の音の厚みが足りない気もするのですが、大音量で聴く(家では昼間だけですが、ボクはソニーのCD3000というヘッドホーンがついていますから問題なし!どんなに大音量でもリスニングルームで聴いているかのようなサウンドが楽しめる優れモノ)と、むしろそれぞれの楽器の分離度も高いし・・・アナログとの比較は出来ませんが、今ならやはりこのリマスター版を大推薦しておきます。きっと、村田さんも気に入って頂ける素晴らしいアルバムですよ。(ちなみに、イングランドは大音量で聴いて下さい。ソロよりもアンサンブルを重視する作りなので、小音量では良さが伝わり難いかも知れません。実際ボクもイングランド購入初期の頃、大音量で聴かなかったため、当初「評判の割に、大したこと無いなあ」という間違った認識を犯しました。)
追加情報としては、件の97年の暮れにリマスター版が発売される年の初め頃・・・イングランドの未発表アルバムが発売されています。「The Last Of The Jubblies」というタイトルのアルバムで、実は彼らのセカンドアルバム用にレコーディングされながら、ついに発売に至らずテープだけが残ったらしいのです。このアルバム、「ガーデン・シェッド」に勝るとも劣らない(言い過ぎかな?)優れモノ。リマスター版を聴いた後ではサウンドプロダクションの点で一歩ひけを取るものの・・・内容自体は正にイングランドとしか言いようのないモノです。もしも「ガーデンシェッド」がお気に召したら、同アルバムも聞いてみることをお薦めしておきましょう。



BJH
 さて、村田さんからはもう1件、お問い合わせいただいています。BJHにかなりのこだわりをお持ちの村田さんは、以前まだプログレッシャーになる前のこと、ラジオ番組(といっても相当昔のことです)で流れたBJHの楽曲が忘れられずに、その後プログレッシャーになってからBJHも相当数集められたそうなのですが、ついにその曲には出会えないでいらっしゃるとのことです。曲名は曖昧なのですが「Now Dark My Sky」という曲ではなかったか?ということです。何でもメロトロンの効いた荘厳で感動的な曲だったとかで、村田さんのお持ちになっていない「Octaberon(邦題・妖精王オクタベロン)」というアルバムに入っているのか?ということも、気にかけていらっしゃるようです。せっかつのご質問ですが、どうやらボクには村田さんのご期待にそえられそうもありません。というのもボクはBJHの1stから4thまでしか聴いたことが無いからです。(現在所有しているのは2ndから4thまでで、BJHはボクのコレクションの中では「収集し損ねていた」バンドとなっていたからです。もちろん収集欲はあるので、再発状況にもよりますが、今後も揃えていきたいと思っています。)そんなワケで、このご質問にはボクからお返事を差し上げることができません。そこでプログレの部屋に遊びにいらして頂いているみなさんに、ボクからのお願いです。どうか件の質問の答えを、お答えいただけないでしょうか?最近は随分多くの方が遊びにいらっしゃっているようですし、「かなりの強者」とお見受けする方もいらっしゃっているようですので、BJHに詳しいリスナーの方もいらっしゃるのでは?と想像するのです。そこで、村田さんの悩みに対するご回答を広く募集させていただきます。どうか、みなさんの温かいアドバイスをお願いいたします。

高橋宏之

← PREV


  戻る