祝、マンティコア・レーベルの発売の巻


 プログレにどっぷりはまった「あなた」なら、もうご存じの通り、ELPで有名なマンティコア・レーベルの作品が、20ビット盤で一挙再発されました。それを祝して、今回はマンティコア・レーベルの特集ということでお送りします。

 まずマンティコア・レーベルと言えば、我々オールド・プログレ・ファンになじみ深いのが何と言ってもELPです。(とは言っても、実際ELPの作品はこれまでも再発されていたので、今回の祝いとは関係ないのですけどね。)ELP=エマーソン・レイク&パーマーはプログレを代表するスーパー・グループで、ナイスのエマーソン(Ky)、キング・クリムゾンのグレッグ・レイク(B、Vo)、アトミック・ルースターのカール・パーマー(Dr)という当時ロック界を代表するスーパースター3人によって結成され、注目を浴びたバンドだったのです。

 ボクが最初にELPを知ったのは「ナットロッカー」という曲で、当時日本でも大ヒットしたのは中3の冬だったと思います。こうして考えてみると、ELPが結成されたのはキング・クリムゾンが1stアルバムを発表した後だった訳で、プログレをリアルタイムで聴くようになったのは、その直後からということになるんでしょうね。(この辺、記憶がとってもあいまいです。)

 この「ナットロッカー」ですけど、ELPではセカンドとして発売されたライブ「展覧会の絵」のアンコール曲としてアルバム収録されています。その彼らがオリジナルアルバムとしては4枚目となる傑作「恐怖の頭脳改革」の直前(確かそうだったと思う)に設立したのがマンティコア・レーベルなのでした。マンティコア・レーベルは以後のELPのアルバムをリリースするという本来の目的の他に、新人バンドをサポートするという機能を持っていたことになります。 

 当時マンティコア・レーベルから発売されたアルバム数は、決して多いとはいえなかったのですが、発売されたアルバムは我々プログレ・マニアにとって決して無視できないものでした。少なくともボクには・・・。それというのもマンティコアからリリースされたアルバムにPFM(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)というバンドの「幻の映像」があったからです。

 PFMというバンド名は、ボクにとって本当に特別なものです。ボクにとって特別なバンドはいくつかあります。それは例えば「キングクリムゾン」だったり「イエス」だったり「ジェネシス」だったりしますし、「ルネッサンス」や「ジェントル・ジァイアント」や「フォーカス」も、そこに加えても良いかも知れません。しかしPFMは中でも「キングクリムゾン」と並んで別格です。「幻の映像」を聴いた時のショックは今も忘れられない・・・それほど「幻の映像」は凄いアルバムでした。同アルバムの1曲目「人生は川のようなもの」という曲の何と清らかで美しく、そしてなんと変化に富んでいることでしょう。室内楽のような導入部を初めて聴いた時PFMが「タダ者ではない」ことに、すぐに気がつきましたし、誰もが気がつくでしょう。というのもそのゆったりしたメロディを演奏する各楽器の奏でる音の緊張感たるや、クラシカルでありながら「何かが起きる」予感に満たされているのです。そしてその予感は的中します。美しい曲相は少しも止まらず、次々と変化していくのです。変化に富んだ様を万華鏡の様にという言い回しで表しますが、まったくその通り、いやそれ以上の変化を遂げながらクライマックスを迎えます。10分に満たない演奏時間が信じられない程の濃さ!(ボクのゲームがサービス精神タップリに作られる<本人はそう思っている>のは、PFMとかキングクリムゾンの表現者としての姿勢に影響を受けているところが多分にあります。)そしてメロトロンの使用法も見事! クライマックスで壮大に鳴らされる様はキングクリムゾンと双璧を成すといっても良いでしょう。天空に突き抜ける快感を味わえます。これまでの人生で最高峰を1曲だけ選べと言われたらクリムゾンの「エピタフ」イエスの「危機」ジェネシスの「サパーズ・レディ」ルネッサンスの「燃ゆる灰」等と共(どうしても心に残る1曲は70年代に聴いたものの思い入れが強すぎるので、その中から選ぶ結果になってしまいます)に最有力の1曲です。

 この1曲を聴くためだけでも「幻の映像」は価値あるアルバムなのに、このアルバムはまだまだ手を緩めません。それに続く「セレブレーション」表題曲「幻の映像」「オールドレイン」と全くリスナーの虚をつきながら、しかもどの曲も美しく完璧な仕上がりです。A面を初めて聴き終えたあの時、ボクは全くの放心状態でした。B面を聴く時、手が震えた程です。うっすら涙ぐんでいたかも知れません。それほどの感動に酔いしれたのでした。

 その感動のPFM「幻の映像」をリリースしたのがマンティコア・レーベルという訳です。(ハア、何だか、説明に力を使っちゃったなあ・・・。)しかしこのマンティコア・レーベルは既に解散したのか、誰かに売り渡したかで、ELPのメンバーの手にはなく、そのおかげでCD再発ラッシュの昨今にも再発されることはありませんでした。実はPFMの1st「幻の映像」と2nd「蘇る世界(でもこれはイタリア盤で1曲少ない)」はキングレコードから発売されていましたがライブ「ライブ・クック」と3rd「チョコレートキングス」は国内発売されていませんでした。

 ところが今回、それらがリマスター&20ビット盤(簡単に言うととっても音が良くなった)で再発されたのです。これまで、輸入盤も含めてPFMのアルバムは買い揃えてありましたが、やはりリマスター(かなり音がよいとの情報有り)盤でもありますし、あらためて買い直してみたのですが、これが大当たり! 音が非常に良く、しかも細かな音まで鮮明に聞こえるじゃありませんか! あなた!

 今まで今一だった2ndやチョコレートキングスが「とっても良かったんだ」と思えるほど違って聞こえるんです。ところがさらにライブは圧巻!「やっぱりライブはやっぱりリラックスしちゃって、オリジナルアルバムの緊張感がないんだよねぇ」と諦めていたのが信じられないほど、ダイナミックにしてリリカル! PFMはライブでも本当に素晴らしいバンドであることが再認識させられました。あなたもダマされたと思って、まず「幻の映像」から聴いてみて下さい。

 ちなみに、同時にアトミックルースター「メイドイン・イングランド」だとか、ストレイドッグだとか、ユーライア・ヒープだとかも発売されてますけど、まあこの辺はお好みで・・・。肝心なのはバンコの「イタリアの輝きバンコ登場」でしょう。当時ボクはイプー(日本版「ミラノの映像」を発売と同時に買いましたけど、あの当時は良く聴いた割に最大級の評価は与えていませんでした。あの当時に「パルシファル(凄いアルバムで、手放しに進められます)」でも聴いてれば全く評価は変わっていたでしょうね)オルメ等のイタリアバンドは知っていたのですが、このバンコだけは知りませんでした。その当時に存在を知らなかったのが残念なほど素晴らしいバンドです。(97年、奇跡的に来日公演があり、ライブを聴くことができましたが、本当に感動の嵐でした。)バンコもイタリア盤はキングから発売されていて、どれも素晴らしいアルバムなんですけど、マンティコア盤は初のCD化! 大注目ですぞ! それと、ピート・シンフィールド(初期キングクリムゾンの第5のメンバーと言われ作詞を担当していた人ですが、当時のクリムゾンのアルバムコンセプト大きく関わっていたと思われます)のアルバム「スティル」も同時発売されました。興味のある人は聴いてみて下さい。(ボクは当時、キングクリムゾンを期待してしまったので、印象としては良いとは言えません。そういう思い入れ無しに聴く分には、悪くないアルバムなのかなと思ったりします。)

 それではまた、次回、プログレの部屋で再会しましょう。


戻る