田中さん 質問ありがとう!

:田中さん
:ヒロ高橋


 

 始めまして
 ネットサーフィンをしているうちに偶然、ここにたどり着きました。1956年生まれで、高校時代にEL&Pやイエス、Kクリムゾン、それからその頃流行ったクロスオーバーなどを良く聞いていた一人です。最近、音楽そのものをゆっくり鑑賞できずにいますが、マニアックな方にひとつお尋ねします。やはりその頃だったと思いますがフォーカスのCDは出ているのでしょうか。他のでなく一作目のアルバムだったと思いますがグレーの大理石かなんかの地模様のあるアルバムで『フォーカス』というのを探しています。何年か前にCDショップで探してもらった時点ではありませんでした。もし、ご存知なら教えていただきたいと存じます。いきなりで不躾ですが、宜しくお願いします。

 田中 (香川県)

 
 

 

 今回のご質問の田中さんは1956年生まれということは、ボクよりも1つお兄さんじゃありませんか? 先日お便り頂いた田辺さんは50歳ということでしたし、歳を重ねると洋楽を聴かなくなってしまうというご同輩が多い中で、ちょっと嬉しくなってきちゃいますね。
 さて、ご質問はフォーカスということでしたね。
 フォーカスは英米のロックがメジャーの仲間入りを果たした最初のロックバンド!といっても過言ではない、とても重要なユーロロックバンドです。お尋ねのアルバムですが「地模様に大理石のようなテクスチャーを貼っている」ということから、オリジナルアルバムでは4枚目(「アット・ザ・レインボー」というライブを含めると5枚目)にあたる「ハンバーガー・コンチェルト」ではないかと推察します。
 フォーカスの1stアルバムは当時オリジナルを持っていなかった(実は、どうやらボクは長い間「ムーヴィング・ウェイヴス」という2ndアルバムを1stだと思っていたみたいで、1st購入時には「何枚目なんだろう? 」と思いながら購入したという経験があります)ので、CD時代の知識で恐縮なのですが「イン・アンド・アウト・オブ・フォーカス」というアルバムで、ジャケットはアムステルダムの教会を背景に撮ったメンバー写真が中央に配された割と渋めのものです。ちなみに2ndは光の反射が美しいトップビューの神秘的な海の写真が前面に配されたもので、ジャケット下3分の1のところにやはりメンバーの写真があしらわれています。3rdの「III」はタイス・ファン・レアーのフルートを吹いている写真が見開きジャケ前面に大写しで配されています。
 ハンバーガー・コンチェルトの内容的な特徴は、アルバムB面全てを費やした同名タイトル曲があることでしょうか?非常にクラシカルなアルバムといえましょう。ちなみに同アルバムはマーキー・レーベルより最近日本発売されました。プログレを積極的に扱っているCDショップであれば、フォーカスの全アルバムを確認することも不可能ではありませんので、もしお近くにそうしたショップが見つからないようでしたら、大阪にでも遊びにいらっしゃる時にでもご確認されてみてはいかがでしょう?

追伸:
 待望久しいフォーカスが、マーキー・レーベルで再発されました。一時期は輸入盤でさえ高値取り引きされていたフォーカスの全アルバム(前出に加え6th「マザー・フォーカス」7th「シップ・オブ・メモリーズ」)が、割と気軽に購入できるようになったことはとても喜ばしいことです。どうか、買い逃していた方がいらしたら、今のうちにご購入されてはいかがでしょう。
 

次も見る? →

高橋宏之


tophome