PowerMac G4 (GE) 編 その2

(Jan.19,2002)


1月のエキスポにはGHzマシンは出ませんでした。慌てて買ったけどそれはそれでよかったのかも。

で、IBMの新型HDD Deskstar 120GXPをG4 500DPに搭載

 待望のIBM新型HDD、Deskstar 120GXPが発売となった。先代の60GXPが先々代の75GXPと比較してほとんど性能差がなく、最速HDDの座をSeageteに明け渡して久しいだけに、120GXPがどう進化したのかは非常に興味のあるところ。

 IBMの資料によると、

等々。詳しい解説は検索エンジン等を利用して自分で調べてもらうとして、まあ要するに、高速で高密度で大容量でそんでもって静かだよと、そういう特徴を持ったHDDである。

 使用したのはDesjstar 120GXPシリーズの中で最大容量を誇る120GBモデル、IC35L120AVVA07である。

 早速取り付けて、速度を計測した結果がこれ。参考までにG4標準搭載の75GXPのデータも載せておく。


Deskstar 120GXP IC35L120AVVA07


Deskstar 75GXP DTLA307045 G4純正

 もう速いの一言。リードもライトも45MB/secオーバー(SeagateのST380021Aで40MB/sec前後)。MacOS Xと組み合わせるとファイルコピーが速いこと速いこと。動作音については、最近流行りの流体軸受モーターを使っているかどうかは資料の中に記述を見つけられなかったので定かではないが、相当に静かであることに間違いない。シーク時の音量も従来モデルと比較してもかなり押さえ込まれている。発熱に関しても、約1時間使用して人肌レベルと、これまたなかなか優秀。

 ビデオ編集用途に大容量&高速なディスクが必要だが、ケースにはHDD一基分の格納スペースしかなく、騒音を押さえるために強力な冷却システムを搭載できない、といった特殊なマシンには、まさにもってこいのHDDである。ん? 最近そんなマシンを見たような気が……。


戻る