PowerMacintosh G3 (B&W) 編 その5

(Dec.1,2001)


今時のドライブ換装 MATSHITA CW-8571-B(CD-RW/DVD-ROM)
(
型番間違ってました。訂正。)

 MacOS 9.2.1になってから、YAMAHAのCD-Rがどうにもよろしくない。純正ドライバーとToastの機能拡張が当たりまくったり、挙げ句の果てに認識できなくなったり。聞けば9.2.1からまたCD起動ができなくなったとか? メンテナンスも面倒になってきたので、純正採用の実績のあるものに交換することにした。G4 QuickSilverのコンボドライブモデルに採用されている(らしい)MATSHITA CW-8571-B(バルク)である。
 CD-Rx8、RWx8、DVD-ROM x8と、控えめな性能ではあるが、秋葉価格でなんと1万7千円弱。コンボドライブも安くなったもんだ。

 で、組み込んだ結果がこれ。

システムプロフィールの表示より。Apple disc 対応の文字が頼もしい。

 MacOS 9.2.1のCD/DVDドライバーだけで使用可能だった。ソフトはDiscBurner、Toast等、一通り試してみたが、特に問題無し。さらに、Mac OS 10.1.1 DVD Player 3.0.1 では、ハードウエアデコーダーのないRAGE ORIONとの組み合わせでDVDビデオの再生が可能だった。

 G3/G4のような5インチベイがひとつしかない機種にとって、なかなかいい選択肢かもしれない。

 なお、DVR-103もすでにバルク品が出回っていて、価格は5万5千円前後だった。そっちにしようかと思ったものの、iDVDにはG4が必要だし、DVD自体焼く用事がないので思いとどまった。


この時の構成


戻る