前のページの続き…。

USBハブ&FireWireリピーターを取り付けてみた

(Jul. 27, 2001)


USBハブとFireWireリピーターがセットになって
3.5インチベイに収まるというしろもの

 以前本体前面にUSBハブを取り付けていて結構便利だったのだが、FireWireは後ろにしかポートがなく、仕方なく長いケーブルを後ろから引っ張り出して使っていたのだが、やはり取り回しが悪く、本体前面にFireWireを持ってくる装置はないものかと秋葉原を徘徊していたところ、上の写真のものを見つけ、早速G3Blackに取り付けてみた。

 「時光隧道系列 Fire Wire / USB Combo」という製品。台湾製。For PC and Macとある。6〜7千円程度。FireWireとUSB、電源ケーブルと取り付け用ネジは付属するが、ドライバーの類は一切入っていない。単に接続するだけだったが、MacOS9.1/X 10.0.4で認識し、動作も特に問題はなかった。

Appleシステムプロフィール(J1-2.5.8/MacOS9.1)での認識状態
下側のハブが「Fire Wire / USB Combo」のUSBハブ部分
FireWireの方はHDDが接続されているのにも関わらず、表示されなかった。

 ただし、この製品は3.5インチベイに取り付けることを前提としているため、5インチベイに入れるためにはMOなどを5インチベイに取り付けるアダプター等が別途必要になる。今回はケチってプラスチック製の安物を使用。500円程度。

 Macで使えることをうたうのはいいのだが、取り付けられる機種というと、青白G3以降、G4(DA)までか。3.5インチベイが空いていれば取り付け可能だろう。3.5インチベイ分の大きさのフロントベゼル入手できないと相当みっともないと思うが。(秋葉で3〜4千円ぐらいだったか。)


戻る