Macintosh Centris 660AV 編


プロローグ 最初に買ったマック

 もう7〜8年前になるのかなあ。考えてみればこれが最初に買ったMacだったっけ。つってもアルバイトのギャラ代わりだったけど。その後パワーブックに気が向いて使わなくなって、知り合いのところに貸し出されていたり紆余曲折を経て、フォースのサウンド開発なんかでも使ったっけ。確か、最初のスペックはこんな感じだったと思う。

Macintosh Centris 660AV
CPU 68040/25MHz Memory 16M
HDD 230M CD-ROM x2Speed (caddie type)


第1章 貸し出しから戻ってきてしたこと

 世はまさにPowerMac時代。せめてOSぐらいはと、7.6をくれてやる。ああ、もうメモリが足りない。余ってたメモリを突っ込んで56Mに。ああ、今度はディスクが足りない。これは2Gに換装。これでしばらくは使えるだろう。しかし、さすがに7.1時代に比べたら遅くなったような。いやいや、まわりのマシンが速すぎるってことにしておこう。

Macintosh Centris 660AV
CPU 68040/25MHz Memory 56M
HDD 2G CD-ROM x2Speed (caddie type)


第2章 サターンの開発が終わって

 サウンド開発機としての役目も終わった。さあ、何に使おう。G3マシンが登場したおかげで、体感的な速度差は広がる一方だ。ちょうど、サターンのマスターCD作成用のCD-Rが出てきたので、これと組み合わせてデータバックアップCD作成機とすることにした。さすがにこれは内蔵できないんで、外付けだけど。それと、キャディ式のCDがどうしても使いにくいので、秋葉原でジャンクのApple純正トレイ式CD-ROMドライブとフロントのベゼルを買ってきて取り付ける。経年変化の色あせのせいで、買ってきたフロントベゼルと他の部分との色が激しく違うが、まあご愛敬ってことで。でも、倍速には変わりないんだよなあ。

Macintosh Centris 660AV
CPU 68040/25MHz Memory 56M
HDD 2G CD-ROM x2Speed (tray type)
+
CD-R


第3章 禁断のCPU換装

 何気なく、アメリカの通販サイトを眺めていたら、660AV用のスピードアップキットを売っているのに気づいた。てっきりクロックアップキットだと思い、値段も手頃だったので注文を出した。届いたものは、68040/50MHzのCPU。しかもファンつき。まるごとCPUを高速なモノに取り替えてしまうキットだったわけ。早速取り付ける。オリジナルのCPUを外すのに手間取るかと思ったが、同梱の取り外し工具で楽々。ものの5分で作業が完了してしまった。実際動かしてみると速い速い。MacOS8.1を組み込んで、速度的にもう限界かと思われていた660AVだったが、この換装のおかげで実用的な速度を取り戻した。いやそれ以上かも。下手したらパワーブック5300シリーズより体感速度速いんじゃないだろうか? まあ、あっちはとりわけ遅い液晶モニタ積んでるからハンデはあるだろうけど。ついでに、純正のモニタに替えてソニーの15インチマルチスキャンモニタを接続。なんと、SVGAで32000色出ることが判明。画面の狭さに閉口していただけにこれはうれしい。256色ならXGAも可能だけど、これ小さすぎ。オールドマックといえど、まだまだ使えることを再認識した。でも、システムプロフィールで Quadra 660AVと表示されるのはなぜなんだろう?

 そうこうしているうちに、スケルトンハードディスクが届いた。何から何まで丸見え。実はこれATAハードディスクなのだが、インターフェイスを介してSCSI接続できるようになっている。でも、外付け専用なのでUltraSCSIカードがないと十分な性能は引き出せない。実際8600G3の外部SCSIポートでは、きっちり5MB/Secで飽和した。8600G3は、起動ドライブ新設によりディスクが余りぎみなので、660AVのCD-R用作業ディスクとして使用することにした。

 Macintosh Centris (Quadra?) 660AV
 CPU 68040/50MHz Memory 56M
 HDD 2G CD-ROM x2Speed (tray type)
  +
 CD-R 4G Skeleton HDD 15"Monitor (SVGA)


第4章 流れ流れて

 8600/G3とiMacの大移動のあおりをくらって、660AVはCDデュプリケーターとして家に戻ってきた。行き場のなくなった17インチモニターとMO640をつけてみる。なんかとってもアンバランス。ついでにこの熱風どうにかならんのか? ま、会社のBBSサーバーの予備実験機として役立ってくれたから許そう。

 Macintosh Centris (Quadra?) 660AV
 CPU 68040/50MHz Memory 56M
 HDD 2G CD-ROM x2Speed (tray type)
  +
 CD-R HDD4G(Skeleton) MO640
 17"Monitor


第4.1章 またまた流れて

 今度はG3(B&W)と8600/G3の大移動のあおりをくらって、CDデュプリケーターとして家に戻ってきた660AVは、再び会社に設置されることになった。モニターも純正の15インチに逆戻り。なんだかなあ。

 Macintosh Centris (Quadra?) 660AV
 CPU 68040/50MHz Memory 56M
 HDD 2G CD-ROM x2Speed (tray type)
  +
 CD-R HDD4G(Skeleton) MO640
 Apple15"Monitor


戻る