前のページの続き…。


老兵は死なず、でもスネる…。

 Yosemite400やiMacDVにすっかり取って代わられてしまった感のある8600/G3であるが、今度は増設したビデオカードをBlackG3に奪われるという災難に見舞われた。昔からMac使いの間では、新しいマシンのことを考え出したり、実際に買ったりすると、それまで使っていたマシンが突然調子悪くなることがよくある。いわゆる「Macがスネる」現象である。そんな非科学的なこととバカにしていたのだが、ビデオカードを取り出して組み立て直したらなぜかSCSI-ZIPが使えなくなっていた。システムは普通に立ち上がるし、一緒に使っているMOは大丈夫。ケーブルの接続も確認したし、それまで使えていたのだからIDの重複も考えられない。システムプロフィールでも認識されなくなってしまった。

 実は内蔵のSCSI-ZIPが壊れたのはこれで2つめ。そこで、前に死のクリック現象で壊れたZIPドライブとの二個一作戦を展開したのだが…。どうも二つともとどめを刺してしまったようだ。生産時期の差か、パーツの形が結構違ったのでやばいかなーとは思ったのだが…。

 持ち歩きディスクとしてFireWireハードディスクという選択肢ができた今となっては、100MのSCSI-ZIPは買う意味がないし、250MのSCSI内蔵モデルは生産されていない。結局、使っていなかった外付けSCSI-ZIP250を引っ張り出してきてつなぎ、もとZIPだったところにはMOを、空いたFDDのベイは本来のFDDに戻すことにした。考えてみたらFD使えるマシンが一台もなくなっていたので、一種の保険みたいなものだけど。

 さて、ビデオカードが抜けてPCIスロットに空きができた。タイミング良くCinemaGearのアップデータ出て、QuickTime4に対応したというので、これを再び入れてみる。が、なんか具合良くない。画面にノイズが出たりしてうまく取り込めないのである。ドライバーがベータ版なので文句を言えた義理でないのだが、対して内蔵のビデオキャプチャーの方は、ノイズもないし、G3/350+高速HDDの組み合わせではフルサイズフルモーションとまでは行かなくてもそこそこスムーズに取り込めてしまう。(320x240なら30フレーム出るんじゃなかろか?)ビデオキャプチャーがひつようならFireWireを使えばいいんだし、ビデオ入力が標準で付いているマシンにわざわざPCIひとつ使ってキャプチャーボードを入れておくことに意味を見いだせず、結局取り外すことになった。

 ところで、この8600/G3、最近はCD焼きマシンとして使われることが多くなってきた。そこで気になるのがファイル転送時にかかる時間である。家庭内LANでEthernet接続はされているのだが、会社の100BASE-TX環境に慣れてしまうと8600/G3の10BASE-Tが遅くって仕方がない。そこで、再び空きになっていたPCIスロットに100BASE-TX対応のネットワークカードを入れてみることにした。

 使ったカードはMacsenceのFE511というやつ。一部格安のDOS/V用カードもドライバーを用意すれば使えるらしいが、相性問題がありそうなので、PCIMacで動作確認のとれているこのカードにした。それでも4400円は安い方かと。

 PCIスロットに挿したものの、最初は全然認識せずに「初期不良か?」と焦ったが、マニュアルをよく見たらPCIスロットを選ぶようで、CPUに一番近いスロットに挿し直したら無事認識した。ただ、自動認識のはずがハブとの相性が悪いのか全二重モードにならない。同梱の設定ツールを使って手動で設定し直し、100Mbpsの全2重モードになった。いやあ、速い速い。これならサーバーとしても十分使えそうだ。


システムプロフィールの表示 Ethernetアドレスは取得できないらしい
なお、SCSIカードとはTurboMaxのこと


AppleTalkの経由先の表示

 これで8600/G3に足りないものはFireWireだけとなったわけである。PCIスロットの制限からこれ以上の拡張はあきらめていたのだが、最近になってFireWireとUSBのコンビネーションカードが出回りだした。すぐ何かに使うっていうわけではないが、ちょっと気になる…。


Power Macintosh 8600 G3/350 "White LED"
RAM 320M V-RAM4M
HDD 25G+9G+4.5G FDD
CD-ROM x24 CR-RW x4x2x8 MO640
100BASE-TX UltraATA/33 USB
 +
SCSI ZIP250
WorkPad Cradle
MONITOR SONY17sf9
Printer PM-750C
Dialup Router RTA-50i


戻る