前のページの続き…。


最終章 ありがとう、そして…。

 永きにわたって親しまれてきた我が愛機初代iMacにもついに別れの時が訪れた。やはりiMacDVと並べて置いておいても壮観ではあるものの実用的ではないため、仕方なく知人に譲ることにしたのだ。増設したメモリーとハードディスクは、実家の父親に送りつけたライム君にプレゼントするため取り外し。ADB用に引き出したケーブルを取り除き、拡張ポートに蓋をする。初代iMacは1年2ヶ月ぶりに当時の仕様に戻った。(それしか使ってないのかなー。なんかすんげー昔のような気がするんだけど。あ、クロックは266MHzのままだ。ま、いいか。)分解のついでにケースの内側も徹底的に清掃を行い、リフォーム済みとなったiMacは次のオーナーへと引き取られていった。

iMac/Rev.A 266MHz
Memory 32M HDD 4G


iMac(Rev.A)編 









おまけ

実家に送りつけたiMac333Limeのその後

てなことになった

参考までに
iMac/333 Lime
Memory 160M HDD 25G (iMac Rev.A改より移植)
USB wheel mouse (Lime)
EPSON PM770C (Lime)
Flash Gate
 +
Olympus C1400L

さて、70過ぎた親父からE-Mailが届くのはいつの日か…。


戻る