iMac 編 番外


iMac改造に用いたパーツとその入手先

・本体とメモリ
 新宿の某カメラ店
 当然値引きなし

・FDDドライブ
 ジャンクのPM8500※より

・30ピンコネクタおよびフラットケーブル
 秋葉原のパーツショップで作ってもらった。
 約3000円

・ケース
 秋葉原のジャンク屋でSyQuest製外づけリムーバブルドライブ(不動品)購入
 ケースだけ流用。
 約4000円

・ADB用のコネクタ類
 秋葉原のパーツショップ
 しめて1000円ぐらいだったかな?

・ADB用のチップパーツ
 チップ抵抗のみ秋葉原のパーツショップで購入、100個で1000円ぐらいだったっけ?
 それ以外のパーツは秋葉原では見つけられず、ジャンク8500のマザーボードから移植。
 (抵抗やコンデンサ以外のチップパーツは秋葉原でも入手は困難です。あっても100個単位でしか売ってくれなかったりします。)

・iMacにとりつけるパネル
 プラ版で作ったら思いっきり割れた。仕方がないのでケーブルが穴から直接生えている。

・増設用V-RAM
 秋葉原のパーツショップの中にある有名なメモリ屋さん。当時4M4千円。

・換装用ハードディスク
 秋葉原のDOS/Vショップ。当然Macでの動作保証なし。
 もっとも、DOS/V機でも相性とかの保証ないみたいだけど。税込み3万弱。

 

やっぱり秋葉原に依存してます。

※ジャンクのPM8500:
 業務で画面写真撮影用に使っていたもの。先頃故障し、修理の見積もりを取ったところ、電源とマザーボード交換で中古でもう一台買えるほどの修理費用を言い渡され、あえなく廃棄処分となっていた。メモリやハードディスクなどの主要部品はすでに他のマシンに移植済み。マザーボードは掛け時計になっている。


戻る