○AV日記 「クイーン/オペラ座の夜」

 「クイーン/オペラ座の夜」DVD-AUDIO版を海外通販で購入しました。みんなに勧めたこともあり、社内で同時購入者が4名も出てしまいました。購入最大の動機は、DTS 96kHz/24bit(とにかく音がメチャクチャ良い)ということ。もちろんサラウンドにも対応で「ボヘミアン・ラプソディ」では「4人のメンバーによるコーラスが四方から包み込むように聞こえる」との評判を聞き、中学時代に観たクイーンのコンサートを思い出したことも購入のポイントでした。コンサートでの「ボヘミアン・ラプソディ」は、彼らのコーラスが自分を取り囲むように四方から聞こえて、その素晴らしさに感動。音が良い上にあれを体験できるなら買おうと思ったんですが、日本のショップではこれが4000円もするので購入を控えていました(だってベスト版CDや紙ジャケットCDで持っているのに、高いのを買い直すのはイヤでしょ)。ところがですよ、あるインターネットショップで$17.49で売っているのを発見。社内の仲間にも声をかけ合計4枚購入とあいなったわけです。

 購入から1ヶ月後、ついに待ちに待ったDVDオーディオが届きました。逸る心を抑えながら視聴すると、スピーカーからはあのコンサートと同じ「ボヘミアン・ラプソディ」が! あの感動を自宅でも味わうことが出来ました。あまりにも記憶の中のコンサートそのままだったので、おもわず英文ライナーノートを一生懸命読んでみると、プロデューサーにクイーンのギタリスト、ブライアン・メイの名が。やっぱり本人がやっていたのね、と強く頷く私でした。

 これをきっかけにマルチチャンネルミュージックものにハマってしまいそうな予感が……。

 AV購入(自爆)明細

   DVDオーディオ「クイーン/オペラ座の夜」

パッケージの写真 dts5.1

   (すでに紙ジャケット限定CDを持っているのに、また買っちゃいました……。)

その紙ジャケCD 確かに同じ絵……。


INDEX HOME