webmaster注:ハリーポッターの話題が出てきますが、一部ネタバレがありますので、
まだ見ていない人はご注意ください。あーあ、先に言ってよもー。

 みなさん、こんにちは。早いもので今年も1ヶ月が経とうとしていますが、いかがお過ごしですか?今、インフルエンザが全国的に流行っています。そういう私も冒されて高熱が続き、辛い日々を過ごしました。本当に辛かったです。みなさんお体には十分お気を付けください。

 さて今回はゲームから離れたお話です。今さらながらですがお正月、皆さんはどのように過ごされたでしょうか?私はお酒をいただきながらゲーム三昧と、絵に描いたようなのんびりとした正月でした。しかし正月早々家に籠もってばかりもいられないので、去年のうちに子供達と映画を見に行く約束をしていました。
 大晦日、子供達に「見たい映画は?」と聞いてみます。返事は「シュレック」と「ハリーポッター」(子供向けアニメでなくてホッとしました。)さすがゲーマーな息子達!CG盛り沢山にもかかわらず、夢がてんこ盛りの映画を選ぶとは!パパも両方見たかったんだ!さてどっちを見るか?
 前回のこのコーナーでも二者択一の場面がありましたが、今回は真剣モードです。酒漬けの思考回路で一生懸命考えました。子供と行くとなると、字幕版は辛いのでどうしても吹き替え版になります。どうせ吹き替え版を観るなら、有名な俳優さんが声優をしているシュレックはもったいないと判断、シュレックはDVDが出てから見せれば良い事にしてハリーポッターに決定しました。(やっぱりエディやキャメロンの声が聞きたいですからね)

 そして当日、朝8時に起きて寒い中を映画館へ。8時50分と開演40分前にもかかわらず、既に半分くらい席は埋まっていました。さすがハリー、いきなり正月から人気者です。興業収入8億ドル突破(1月6日現在)というのも頷けます。観に来ている人達も、子連れ・カップル・老御夫婦と老若男女様々でした。もともと子供向けに書かれた原作が、映画化されただけでなぜこれだけ幅広い年齢層に受け入れられたのでしょうか?

  • 昨年は景気悪化やテロ事件など暗い話題が多かったので、人々は夢のある物に惹き付けられたのか?
  • しかも内容からしてRPG好きの方達も多いのでは?
  • となると、この中にキャメロットファンの方がいるのでは?
  • う〜ん、どうしよう。

などと考えているうちに、百聞は一件にしかず、始まり始まりです〜。

----上映中-----
   ・
   ・
   ・

 さていきなりですが、見終わった感想はというと……。「これは面白い!」の一言です。当然至る所にCGが使われている訳ですが、ロンドンの壁一枚隔てた所に杖など様々な魔法の道具が買える街があり、駅にはホグワーツ特急の隠れた乗り場があるなど、もしかしたら自分のそばにもあるのでは?と思わせるような設定。う〜ん大好きです。しかもその町並みも実際に歩いてみたいと思うほど。内容はまだご覧になってない方の為に大幅に省略(手抜き?)しますが、「賢者の石」をめぐって、困難な道のりを友人と力を合わせて乗り越えていくというお決まりの展開です。でも現実とはほど遠い魔法の世界、夢を忘れた現代人が求めているものなのかもしれません。上映時間は約2時間半と小さな子供には少々辛いものでしたが、ストーリーは最後まで息つく間もなく進み、時間の経過を感じさせません。

 しかし、終わってみると何か物足りなさを感じます。それはなぜか?

  • 最初に敵と思っていたスネイプ先生に「先生に火を付けたのは私です」ときちんと謝ったのか!
  • 得点発表での最後の点数加算、あれで全員が納得するのか!
  • そして最後です。みんなが汽車に乗って家に帰るシーン、最高に盛り上がってます。さぁ次はどうなるのか。

……と、いきなりのスタッフロール。ふぇっ!これで終わり?
 尻切れトンボじゃない!
 続きはどうなるの?
 ハリーよ、君は家で再びいじめられてしまうのか?それとも魔法使いまくりで大魔王にでもなるのか?(これは冗談です)などなどハリーのその後がとても気になります。ご覧になった方も同様だと思います。でも皆さんご安心あれ、ちゃんと続編があるとの事。(次回作は11月30日とか)

 勇気ある子供達の冒険とファンタジーの世界、カップルでも子連れでも、またご夫婦にもお薦めしたい心が温かくなる1本だと思います。(まんま宣伝ですが)

…………………………………………………………

 その日の夕食時、うれしそうに映画の話をする子供達を見て思いました。リアルさを追求するのもいいですが、CGは妄想を生み出す道具ではなく、夢を与える道具であって欲しいなと……。

 次回作が非常に待ち遠しいです。「ハリーアップ、ハリー!」(さっぶぅ……、まだ熱あるのかな?)

 君たちに逢いたい親子がここにいる!



☆☆ 次回もお楽しみに ☆☆



INDEX HOME