Mac購入作戦編

(Nov.18,1999)


これは、私が林檎教にはまっていく課程を綴った、
読むとちょっとだめになりそうな日記です。




プロローグ

「ibookが発表されるかも・・・」
webmaster Sr.からこぼれたこの一言から、私のだめだめ人生が始まったのです。

1999年初頭、私は時代に乗り遅れることを恐れ、一発家にもPC導入をしようと
決意した。
「デスクトップがほしいけど、家も狭いしノートしかかえないな。」
ここまでは決まったのだが、世の中に氾濫するPCのなかから、
一体何を購入すればよいのか解らずに、いたずらに時が流れた。


1999年初夏

ノートパソコンを物色しに、パソコンショップをうろうろしていたら、どうも、どこに行っても
売れている機種がある。VAIOだった。
ここで素人根性大炸裂!
「薄いし、持ち運びも便利だし、うひょひょー!!カメラもついてるのか!?」

今思えば、薄いのはまぁいいとして、家で使うのに持ち運びはあんまりしないだろう・・・。

VAIO購入にフラグ立ちまくってしまった私は、有休中のwebmaster.Srにメールを入れた。
およそ5分後、レスが来た。
「ちょっと待った!早まるな。明日まで待つように・・・」
といった内容のメールだった。
な、なんだ!この早いレスは・・・なんだか焦っているようだなと思いつつ、翌日を待つことにした。


webmaster Jr.誕生

翌日。
「HPつくらない?」
webmaster.Srから、突然の指令を頂く。
「え・・・え・・・私でよろしければ・・・」
気が動転したまま、webmaster Jr.は産声を上げたのだった。

HP作成用に「Powermac」が用意されていた。
あぁ・・・これだったのか・・・昨日の「ちょっと待った」は。
よくよく考えると、Windowsアレルギーの私が、VAIOを買おうとしていた事自体、
素人炸裂といえるだろう。
どれでも一緒にみえていたのだ。
そんな私もHPを作っているうちに、Macに愛着が・・・いえ、執着心すら芽生え始めていた。


iBOOK

発表になった。これ、これだ!私はこれ買うぞー!!!
ちょっと大きいけれど、蓋を開けるとヴィーナスが立体映像ででてきそうな
美しいフォルム。たまらん。
そして何より、キーボード部分がスケルトン!私はスケスケに弱いのだ。
この頃にはもう、「買うならiBook」ということまで決まっていた。
「Macはいいぞぉ」と、事あるごとにwebmaster.Srに耳打ちされ、もうすっかり
その気になっていたのだ。
「iBook早くでないかなぁ〜」
と思っていた私の元に、衝撃的な知らせが届いた。

イエニ デスクトップヲオク スペースガ デキル (カモ)


G3購入

それは、まったく予期していなかった出来事だった。
あまりの嬉しさにwebmaster.Srにデスクトップ置き場確保(仮)の報告をしてしまった。
もしかして、G4買えちゃうかも!と、ウキウキし始めた。
そしてその2週間後。
「applestoreでのG3整備品セールやってるよ!」とwebmaster.Srからメールが届いた。
こ、こ、これは・・・もう買うしかないでしょう!
といいつつも、ここは小市民。決裁ボタンをクリックするのに20分位
悩んでしまった。あれだけほしかった”マイコン”を手に入れられるというのに。
「買ってしまって、本当に家に置けるのだろうか・・・」という不安が残っていたのだ。
・・・プチッ。
ようやく決心もつき、決裁ボタンを押した。
んー、いい買い物したなぁ。
!!!!Sr. も購入していたとは・・・。
この日、当社内でG3を購入した者は、計3名もいた。
まいど。


 戻る