その20

●「マリオゴルフ ファミリーツアー」は、どこが新しくなっているのですか?

今回、お答えするギモンは”「マリオゴルフ ファミリーツアー」は、どこが新しくなっているのですか?”というギモン。

 ついに、発売された「マリオゴルフ ファミリーツアー」!! 今回は、このゲームについてのギモンにお答えします。ディレクションを担当した”高橋 秀五”氏 自ら、このゲームの新要素や豊富なゲームモードを紹介しています。まだ遊んでいないアナタも、よりゲームを楽しみたいアナタも必見です!!

「マリオゴルフ ファミリーツアー」は、どこが新しくなっているのですか? 現在話せる範囲で、ぜひ教えてください☆

川崎市 プラネットボンバーNEO様のギモン

 

プラネットボンバーNEOさん、質問どうもありがとうございます。

 僕ら自身は「マリオゴルフ ファミリーツアー」は「マリオテニス64」の続編だと考えていたりするんです。いきなりそんなことを言うと「えっ、ゴルフなのにテニスの続編とは一体どういうこと?」と思われるかもしれません。


★  ★  ★

 「マリオゴルフ64」は、ファミリーで遊んで欲しいと願って作ったゲームでしたが、実際はまだまだマニアックな要素の多いゲームでした。「マリオゴルフ64」は、当時のゴルフゲームとしてはかなり良い出来だったと思いますが、それでも「小さなお子様からお年寄り」が最初から簡単に楽しく遊ぶには、操作性のハードルは高かったようです。「マリオゴルフ64」は「コントローラーを握った瞬間から誰でもがスーパープレイヤー」というコンセプトで作ってはいましたが、実際には「普段からコントローラーを握っているプレイヤーにとっては」というゲームとなってしまいました。

★  ★  ★

  

 その反省を踏まえて作ったのが、「マリオテニス64」でした。「マリオテニス64」のシンプルでいてかつ奥が深い操作系は、ゲームに不慣れなお母さんや小さなお子さんには取っつきやすく、さらにはゲーマーの人達までと幅広いユーザー層に訴求することができたと思います。


 そして、さらにはプロテニスプレイヤーの方にまで「これぞテニス!!」と言っても頂けました。これはマニアックだという意味ではなくテニスの楽しさを表現できているという意味で、僕らにとっての最高の褒め言葉でしたね。マリオゴルフの目指した本当の意味での「小さなお子さんからお年寄り」までという条件に当てはまるスポーツゲームは、マリオテニスの完成によって実現されたというのが実感です。

★  ★  ★

 さて、その上で今回ゲームキューブ版のマリオゴルフを作るに当たり「初めて触ってもゴルフの楽しさを味わえる」「ゴルフを知らない人にもゴルフの楽しさが伝わる」さらに「やればやるほど奥深く遊べるゲーム性」の実現は欠かせない要件となっていました。

 

 


そして、ゴルフゲームの進化といえる、「かんたんショット」と「テクニカルショット」
の2つの操作が共存する「マリオゴルフ ファミリーツアー」が生まれたのでした。

 触ってみると自然にとけ込んだ形で実現されている2ボタンの「かんたんショット」3ボタン以上押す「テクニカルショット」の共存システムですが、実は実現するまでにかなり時間のかかったシステムなのです。漠然としたイメージは当初からあったのですが今の形に落ち着くまでにかなり紆余曲折があったんですね。これが出来たときには本当にみんなでバンザイするくらい大喜びしたんですよ。これが入って以降、全てのキーワードはファミリーツアーというサブタイトルを名乗るに相応しい仕様へと自信を持ってゲーム制作を推進することができました。このシステムがゲームに載るまでは任天堂さんにも公式なプレゼンテーションをしなかったくらい重要なポジションを占めていたんです。

★  ★  ★

 というわけで、今回の「ファミリーツアー」というサブタイトルはコンセプトと考えてもらって良いとおもいます。ここでのファミリーとはもちろん「家族誰もが」ということです。家族には小さなお子さんからお父さん、お母さん、もちろんゲーム好きの中学生や高校生、さらには大学生、社会人までも含んでいます。そんな家族(というか誰もが)楽しく面白くそして奥深く遊べるゲームとして「マリオゴルフ ファミリーツアー」は出来上がったと思います。実際、ゲームプレイヤーの方々にも評判が良いようですし、またゴルフ雑誌の取材でプレイしていただいたプロゴルファーの方にも「これぞゴルフ!!」というお墨付きも頂いたりしています。

 しかし、一部のレビューなどで「オーソドックスなゴルフゲーム」という記述を時々目にすると「あー、ゲームをちょっと触っただけでレビューしちゃったのね。」なんて思ったりもします。「マリオゴルフ ファミリーツアー」は、やり込めばやり込むほどプレイの幅が広がるゲームですから、どうか皆さん是非とも遊んでみてください。

 では、そんな「マリオゴルフ ファミリーツアー」についてもう少しお話しましょう。

next

 

(C) 2003 Nintendo/CAMELOT

Copyrights of all Characters and Music reserved by Nintendo.
Copyrights of Game, Scenario and Program,
except Copyrights owned by Nintendo, reserved by Nintendo and CAMELOT.