その19

●ゲームプログラマーになるにはどんな要素が必要ですか?

今回、お答えするギモンは”ゲームプログラマーになるにはどんな要素が必要ですか?”というギモン。

 ”あなたのギモンに答えます その7”のゲーム専門学校に通っているという方からの「プログラム技術を上げるには努力以外になにがありますか?」というギモンで、具体的なプログラム技術を上げる方法をお答えしました。今回も、ゲーム業界に入りたい!!という夢を抱いてゲームプログラマーを目指している方に、きっと参考にして頂ける回答を、キャメロットの”プログラマーのドン”こと田口 泰宏氏から頂きました。

 

今、高校3年です。ゲームプログラマーになりたいのですが、ゲームプログラマーになるにはどんな要素が必要ですか? それと今、何を勉強しといたほうがいいのですか?

速見郡 のっそりー様のギモン

 

意地と執念と体力です(笑)。

 マスターアップ直前はかなりのハードスケジュールになりますので、強靭な体力(≠強靭な肉体)は大きな武器になります。頭脳労働に体力勝負ってのも変な話ですが、実際そうなので。意地と執念に関しては、まあ、努力しても報われない場合も多々あるわけで、そこであきらめずにやり通す気持ちがあれば、後はなんとかなりそうな気はします。

 精神論ばっかりでもなんなので、ちょっと具体的な話を。

 今、何を勉強すればいいのか、という質問は割によく受けますが、プログラミングの基礎的な部分は必須としても、それ以上については「好きなことしてて。」と答えることにしています。


そんな田口氏の趣味の一つである
Mac改造”は
今だ飽くなき追求を続けております。
(次のターゲットはG5か!?)

 ゲームプログラマーという職業は、ハードウェアも開発環境もゲーム内容も数年で劇的に変わったりするので、常に新しいことにチャレンジし続ける格好になります。なので、あらかじめどんな知識が必要かという点では、明確な答えを出すことができません。なんせ、その都度違うわけですから(笑)。

 強いていうなら、幅広い知識、あるいは情報を収集する能力を持っていると、そのへんもプログラミング能力にダイレクトに効いてくるので、いろんなことに興味を持って、それこそ極めるまでやってみるのもいいかもしれません。

 ことゲームに限らず、ね。

回答:開発部 田口 泰宏