キャメロットのスタッフに疑問をぶつけようのコーナー

= 2000.4.29 =

あなたのギモン その3

●「マリオゴルフ64」と「みんなのゴルフ」の違いはなに?



今回のギモンは ”「マリオゴルフ64」と「みんなのゴルフ」の違いはなに?”

 200万人を超える「みんゴル」ユーザーに改めて遊んでもらう為に、「マリオゴルフ64」は、どこまでの進化を遂げたのか。今まで「マリオゴルフ64」を買おうかどうか悩んでいた人も是非、読んでみてください。今回も長文ですが、キャメロットの作るゴルフゲームの面白さのヒミツまで理解できちゃいます。

 そして、「マリオゴルフ64」のスタッフ達が作り上げたスポーツゲームの新作「マリオテニス64」についてのお話も...


 

ずばり、『マリオゴルフ64』と『みんなのゴルフ』の違いって何ですか?
(『みんなのゴルフ』はまだやった事がありません)
答えにくそうな事聞いて、すいません。

西宮市 江口和孝さんのギモン

 
 


 

 

「マリオゴルフ64」と「みんなのGOLF」との違いはというと、やっぱりハードの違いですかね。というのは冗談ですけど、当然「マリオゴルフ64」はみんゴルの反省を踏まえて作られたゲームですから数々の進化を遂げているといって良いと思います。

  ★  

 みんゴルはシミュレーションタイプのゴルフゲームでは味わえないアクション性を伴ったスポーツとしてのゴルフの爽快感を、ゲーム上に再現すること、そしてゴルフをやったことのない子供でもゲームとして楽しめ、またゴルフにハマッている人が遊んでも「これがゴルフだよな」と感じてもらえるようなゴルフの爽快感、そして仲間と実際にコースをプレーしているときの醍醐味や充実感を得られるゲーム。そして何よりゴルフ好きの自分たちが遊びたいと思える、思ってもらえるゲームを目指して作ったゲームです。

 つまり、みんゴルはゴルフというスポーツの面白さを、ゲームでみんなに体験してもらうというポリシーを持って作られたゲームなんです。そういう意味ではゴルフという既存の概念のうえに成り立っているんですね。

  ★  
 

 そしてマリオゴルフ64です。(メディアがCD−ROMからROMカセットになったというのは置いといて)マリオゴルフ64もゴルフというスポーツの持つ面白さや爽快感や仲間と回る楽しさや醍醐味をギュッと凝縮して作り上げた作品です。そしてそれをさらに、ゴルフというキーワードでくくることができる、ゲームとしての面白さまでを含めてエンターティメント性を高めることを推し進めた作品です。


 マリオゴルフではゲームを始めたときにはスクラッチプレイヤー(つまり18ホール回ってパープレイで回れるハンディキャップ0のプレイヤー)である、という考えを持っています。これはマリオゴルフ64の重要なポイントです。あのマリオゴルフの爽快感はこのポリシーによって成り立っているからです。だって考えてもみてください。自分の打ったボールがある程度は自分の思った方向に飛ばなかったらつまらないじゃないですか。パットでこのくらい打ったらこのくらい転がるという基本的なことで悩むようでは、コースを攻略する楽しさが味わえないじゃないですか。


 ゴルフの面白さはボールを操りコースを戦略的に攻略すること。コースを攻略しようとしたそのプレイがその攻略通りにできたことですごく気持ち良くなれたり、プレッシャーがかかって普段出来るはずのプレイができなかったりすることがゴルフの醍醐味です。その面白さがゲームになったのが「マリオゴルフ64」なんですね。

  ★  

 しかし、コースを攻略するレベルでゲームをプレイできることで、あまり遭遇することがなくなったシチュエーションも生まれてきました...

 

  NEXT
 
 


▲Top   


あなたのギモントップへ