シンクロニシティ・ストーリー


2.ポイント切り替え戦でシンビオスはなんと答えたのか?


 レイルロードの北東に位置するポイント切り替え地点。共和帝国の和平会議が決裂し、身の危険にさらされた共和国代表国王ベネトレイムを守りながら共和国へ戻るという任務を負うことになったシンビオス軍は、レイルロードの町から大陸横断列車に乗りこもうとした。しかし、帝国憲兵隊が駅を警備するため町に乗り込んできたこと、それから荷置き場における盗賊団とのイザコザによって列車に乗り込むのは絶望的となってしまった。この町で出会った謎多き傭兵ジュリアンによると、ポイント切り替え地点まで行けば列車に乗るチャンスがあるというのだ。ジュリアンの案内によって、ポイント切り替え地点まで向かうことになったシンビオス軍。その地には悪名高き帝国憲兵隊が待機していたが、その地に向かっていたのは、シンビオス軍と帝国憲兵隊だけではなかった。

はい

いいえ

 そこには和平会議決裂という混乱に乗じて帝国からの亡命を図る亡命民。そして和平会議決裂後、ベネトレイム代表国王をサラバンドから無事に脱出させるために自ら陽動作戦の標的に志願したが、帝国スピリテッド軍に苦戦し多くの部下を失いながら敗走を重ねて、全滅を予感した共和国バリアント軍も正気を失いながらもこの場所へ。さらに、和平会議決裂の真相を究明するためのカギを握ると思われるシンビオス軍を追って、メディオン軍もこの地にやってきていたのだった。

はい

いいえ

 かれらが、亡命民を間に4つ巴の戦いを繰り広げる前に、シンビオス軍とメディオン軍とのやりとりが行われるのだが、そこでのシンビオスの対応がシナリオ2で明らかになるのは間違いないだろう。


  戻る