武器の熟練度が上がって必殺ワザが出せるぞ!

武器熟練度システム


 前作までのシャイニング・フォースの戦闘システムの完成度は非常に高いレベルにあり、みなさんの支持も高いものとなっています。

 そして今度のシャイニング・フォースの戦闘は一体どうなるのかという期待の声もたくさん頂いております。その声にお答えするべくこの長い助走期間の中で完成した新戦闘システムの紹介をさせていただきたいと思います。

 前回までに紹介させていただいた2元中継戦闘によって戦略性と自由度が増したシャイニング・フォースの戦闘ですが、フォースの戦闘はまだまだ面白くなります!そのひとつがこの武器熟練度システムなのです。

・武器熟練度システムとは?

 今までのシャイニング・フォースの武器というと、主人公は剣士で剣士の装備できる武器はソードやブレードなど、騎士だとランス系とスピア系が強さ順にお店に売っていたり掘り出し物に入っていたり、鍛冶屋で加工して手に入ったりしていました。基本的にひとつのラインに沿って強さ順に武器は手に入るシステムだったわけです。

 シャイニング・フォースIIIでは、武器にはそれぞれのキャラクター毎に武器の系統を複数持つという新システムと、武器の熟練度という新パラメーターが追加されました。例えば、主人公シンビオスであれば剣士系の装備できるソード系(一般的な中振りの剣)・ブレード系(幅広の大振りの剣)・レイピア系(細身の軽い剣)・ナイフ系(身軽な小振りの剣)といったように装備できる武器の系統が分かれるわけです。それぞれは強さ順に手に入るのですが、それらは系統別に熟練度を持っています。そしてひとつの系統の武器を使い込めば使い込むほど良いことが起きるわけです。まず、熟練によって攻撃力が増えていきます。熟練度にはレベルがあり、そのレベルが上がっていけばいくほどその系統の武器のそれぞれの必殺技を修得していきます。つまり使い込めば使い込むほどその系統ならではの出せる必殺技の種類が増えていくのです。そしてそれらの技は、武器熟練のレベルと会心技の修得数による発生率によって、攻撃で使われることになるわけです。

 今まではナイフ→ソード→レイピア→ブレードといったように、冒険の途中に立ち寄る町の武器屋毎に売っている武器を、売っている順番に新調していくことが最善の方法だったわけですが、もちろんそういう方法で戦っていっても良いし、熟練度を上げてその系統の武器の攻撃力をUPさせながら、好みの技を覚えるためにあえて武器を変えずにある系統の武器で戦い続けるといったマニアックな楽しみ方もプレイヤーの自由な選択によって行うことができるようになりました。

・好みの必殺技はどれだろう?武器熟練度システムで修得できる数多くの必殺技の中からその一部を大公開!

 武器熟練度システムで修得する数々の必殺技。その中からいくつかの必殺技を初公開します。

・剣士のシンビオスがブレード系の武器を装備して覚える必殺技!<ヒートバーナー>

 戦っているとブレードの熟練度が上がっていき、ついに熟練度レベルが上がったぞ。ウィンドウを見てみるとヒートバーナーという必殺技を覚えている、よし戦ってみよう。なんと敵に向かって火柱が走り大ダメージを与えたぞ!

・騎士のダンタレスがランス系の武器を装備して覚える必殺技!<メガチャージ>

 ダンタレスはランスの熟練度が上がってメガチャージの必殺技を出した!ダンタレスは突進していき、上から突きおろしたかと思うと、後ろ足で蹴り飛ばしたぞ!

・モンクのカーンがクロウ系の武器を装備して覚える必殺技!<天龍空舞爪>

 カーンはクロウの熟練度が上がって天龍空舞爪の必殺技を出した!これぞ究極の空中コンボ攻撃だ!

・モンクのカーンの必殺技をさらにもうひとつ紹介!グラブ系の武器を装備して覚える必殺技<散弾落踵脚>

 グラブの熟練度が上がるとカーンはこんな必殺技も修得するぞ!敵に接近したかと思うとカーンは敵を連打して前方宙返りの踵落としを決めた!



  戻る